◯野先生・毎年ありがとうございます。『安来寿しの折り詰め』。

0
    ちょっと前のことになりますが、お客様の○野先生から頂きました。



    シンコの入った『安来寿し』のおみやげの折り詰め。毎年、この時期に◯野先生は『安来寿し』へシンコを食べ出かけます。その帰りに『貴田乃瀬』におみやげを持ってきてくれるのです。

    ありがとうございます・・◯野先生(笑)。なんとこの折り詰めを2つも頂きました。当日の晩ご飯は豪華な『安来寿し』の折り詰めとなりました。ああっ・・『安来』に行きたい。
    シンコを食べたい、穴子も食べたい、鮪の赤身も食べたい!!!ネタケースの隅から隅まで・・全部食べたい!!。

    ここのところ、日曜日に用事が入ることが多く、なかなか『安来寿し』へ行くことが出来ません。誰かが誘ってくれればなんとかなるかもしれませんが(笑)・・何とも言えない・・家庭の事情ってやつですか(笑)。



    『安来』の親方は、相変わらず毎日文句を言いながら小さな『シンコ』をさばいているらしいですが(笑)まぁ、文句を言った所で明日が変わるわけでもないので(笑)とりあえず『シンコ』をさばきましょう!!。黙ってね(笑)。体を壊さないように程々の仕事っていうのも覚えないといけません・・まぁ『シンコ』のシーズンになにを言っても無駄ですけど。それでもね。

    『安来寿し』は誰に紹介しても、どんな人に勧めても『安来寿し』に対してのクレームはありません。こんなに頑張って仕事をしているのに『親方が妙に太ってい る』とか『安来までの道のりが分かりにくい』とか『店の前まで行って通り越してしまった』とか・・仕事以外のことを言われても困ります。今どきこんなに頑 張って仕事をしてくれる職人さんの親方はとりあえずこの近所にはいないと思いますからねぇ(笑)。

    それにしても、足が遠のいてしまっています。何とかして『シンコ』は無理だとしても『安来寿し』を味わいに行かなくては。本当にだれかいませんかねぇ(笑)。

    たみちゃんのチーズケーキ。

    0
      常連のお客様と言うよりも『私』とおかみさんのお友達の『たみちゃん』が『私』のために『チーズケーキ』を焼いてきてくれました。ありがとう!!たみちゃん。



      ダイエットを心がけている『私』ではありますが『たみちゃん』が焼いてくれたものですから、とりあえず明日は絶食(爆笑)することにして、半分頂きました(笑)。残りの半分はおかみさんが2日に分けて頂くそうです。

      軽くてふんわりと焼きあがった『チーズケーキ』・・たみちゃんの愛を感じます(笑)。いつもありがとう!!。

      さて、今日はカウンターに『太田和彦先生』の『新ニッポン居酒屋紀行』を見て来た!!と言うお客様がいらっしゃいました。確か初回の放送は平成7年か8年 (笑)ずいぶんと昔だなぁ・・繰り返し再放送をしているみたいで、時々『初めて知った』と言うお客様がいらっしゃいます。

      『浜松にもこんなお店があったんだねぇ』と。『私』的には、開店以来ほとんど同じ仕事同じスタンスで仕事を続けてきているので、ただ24年間が過ぎていっ たように感じるのですが(笑)まぁ、いろいろあったのは確かか!!。お客様に褒めて頂ければそれなりに嬉しいのは確かです。

      自分のお店とほかのお店を比べるようなことをしないので(お店というより、仕事を比べるってことをしませんねぇ・・)正直、浜松近辺での自分の立ち位置が 未だによく解っていません(笑)。お客様から見ると『貴田乃瀬』って言うお店は、どんなお店に見えているのでしょうか?。・・解りません。

      客観的に自分のお店を見るっていうのは難しいです。足りないものや、余分なものがいっぱいあるっていうのは解りますが・・。全てをお客様目線で見ているかって言うと・・そうでもないし(笑)。

      隅から隅まで・・って言うところを目指しているわけでもなし(笑)。おかみさんと二人だけでこの人数をこなすとなると・・言い訳をするしかない部分も出てきますからねぇ(笑)。

      先週の中頃『太田先生』が久しぶりに『貴田乃瀬」に来たばかりのところへ、また『太田先生』のお話しで盛り上がり・・やはり「先生』は偉大です(笑)。何かの予兆か!!。
      また、来週辺り『先生』が突然やってきたりして(笑)。

      今日も頑張った一日でしねぇ。

      金賞い受賞酒を愛でる会の続きです。

      0
        さて、昨日の続き。

        今日は『大内』さんのお料理を紹介しましょう。



        最初に出てきたのは『前菜』・北寄貝と葱のぬた・かますの棒すし・つめいか印籠・かすてら玉子焼き・才巻海 老。銀色の皿の上に綺麗に盛りつけられた前菜。一つ一つが完成された素晴らしい味わいでした。個人的には、つめいか印籠にやられました(笑)。手間のかかる仕事を・・よくやるなぁ・・と。



        次の料理は『新蓮根のすり流し』桜海老のひろうす・焼き茄子・山ミズ・美味しかったです。『私』のテーブルで話題になったのですが『山ミズってなんだろ う・・おやかた分かりますか?』と聞かれました。もし・・もしも『私』が間違ってなければ『ウワバミソウ』の仲間で東北の食べ物じゃなかったかと・・そん なふうに答えておきましたが、どうでしょう(笑)。『私』の義母が宮城県の出身で、数年前に宮城の親戚が送ってきたからといって頂いた記憶があります・・ 多分あっていると思いますが(笑)。
        まぁ・・『山ミズ』の話はこれくらいにして(笑)ひろうすがおいしかったですねぇ『大内』の親方はこういう仕事がお上手です。



        で・・次が『お造り』まぐろ・赤むつの炙り・とり貝・こごみ・昆布醤油。毎回お造りに出てくる昆布醤油がおいしくって。ここまでちゃんと仕事をするっていうのは大変なことです。勉強になりました。



        ここで、少し変わった料理が出てきました。『湯葉グラタン』河豚の白子・高野豆腐・南瓜・ 枝豆・べっこう飴・かんずり。いやぁ・・すごく美味しい!!河 豚の白子もこうやって食べると何かまた違う食材として使えちゃいますねぇ。そうかぁ、こんな手があったのですねぇ。これまた勉強になっちゃいました。

        このすぐ後に『柚べし』が出てきました。なんと自家製だということです。これだけでお酒がグイグイと進んでいきます(笑)。なんでも作っちゃうんですねぇ(笑)。



        で『私』的に一番びっくりとした料理の登場です。
        『鱧のフライ』山独活のつぼみ・梅酢塩。これには驚きました。小口に来られた鱧をフライにしてありますが、パン粉も鱧の食感を邪魔しないように細かくされ ています。ふんわりさっくりと揚げられた鱧。これだけでも見事ですが、梅酢塩がまた見事!!。こんなにフライにピッタリと合うものだと!本当に驚きまし た。こりゃぁぱくっちゃおうかなぁ(爆笑)。『鱧のフライ』がこんなに素晴らしい料理になるなんて。

        で最後は『土鍋抱きのご飯』焼き塩ます・お味噌汁と漬物。ご飯がまた美味しい(笑)『大内』さんはなにを食べても美味しいです(笑)。

        すべての料理の完成度が高く、素晴らしい仕事ばかりの料理でした。勉強になりました。

        酒の会の料理ということで・・しかも相手は大吟醸ばかり(笑)ですが、奇をてらうことなく(ここがすごい)しっかりとした仕事で合わせてくるのはさすがというしかありませんねぇ。

        『金賞い受賞酒を愛でる会』次回も楽しみにしています。『かたやま』さん『大内』の皆さん、おつかれさまでした。

        金賞酒を愛でる会に行ってきました。

        0
          日曜日に、板屋町にある『旬の料理 大内』さんで『かたやま酒店』さん主催の『金賞酒を愛でる会』が開かれたので行ってきました。今回で5回目・・と言う ことは5年目のこの会、毎回参加の『私』(笑)。『大内』さんの料理は大変に勉強になります。毎回楽しみにしているんです。

          6時から海が始まるので、いつもの日曜日よりはちょっとだけ早起きして(笑)お風呂に入ったりして身だしなみを整えて(笑‥・あたりまえかぁ)参戦です!!。ほ ぼ、定刻にお店の前で待ち合わせの友人と一緒に店内に、いつも時間ギリギリの私達ですが、今回はまだ空席が‥・珍しいこともあるものです。

          『私』の座ったテーブル席に空きが2つあったのですが、お客様が来てみればいつも『貴田乃瀬』に来てくださる女性のお客様‥・なんと!!。話が弾んでしまいましたねぇ‥・2次会にお誘いすればよかったかしら(笑)。

          さて、今回『かたやま』さんが選んだお酒のラインナップです。


          写真は『かたやま酒店』さんのブログから拝借しました。

          〇崑誓 吟醸 鑑評会入賞酒 26BY
          天虹 大吟醸 斗瓶取り生 26BY
          3運 波瀬正吉 斗瓶取り大吟醸 首−2 26BY
          こ運 波瀬正吉 斗瓶取り純米大吟醸 首−6 26BY
          ヅ型 裏大吟醸 愛山 全国金賞酒 26BY
          酔鯨 大吟醸 全国金賞酒 25BY
          富士錦 大吟醸 全国入賞酒 26BY
          ┿┣貘弘 大吟醸 全国金賞酒 26BY

          どれもこれも素晴らしい日本酒ばかり!!。息もつけないとはこのことかぁ・・(笑)ちなみに、と屬泙任論轍県の清酒鑑評会の知事賞と入賞酒でト屬ら番までが全国新酒鑑評会の金賞と入賞酒だそうです。

          個人的にはい痢愕運 波瀬正吉 斗瓶取り純米大吟醸』が一番のお気に入りでした。素晴らしいですねぇ・・ここまで来ると、この日本酒をどんな言葉で表現 したらいいのか・・ボキャブラリーの少ない『私』にはわからないくらいに素晴らしい。ある意味で『極』に値する日本酒だと思いました。

          二番目は,痢愡崑誓 吟醸 鑑評会入賞酒』・・『貴田乃瀬』でいつもお世話になっている『志太泉』さん。安心して飲めますねぇ・・力量が解かるっていうか・・杜氏と蔵元の伝えたいことがちゃんとこちらに伝わってくる日本酒です。いやぁ・・素晴らしい。

          これだけ素晴らしい日本酒を飲み続けると、だんだんと感覚が麻痺してくるみたいで(笑)何度も『飲み返し』をしないと味がわからなくなりますねぇ・・わからなくなるって言うより、自分の舌が鈍感担っているのが分かります。

          さて、今日も仕事がようやく片付いた所で(爆笑)・・眠くてたまらないので、この続きはまた明日、明日は料理のことを書いていきます。では・・・。

          義侠の会に行ってきました。

          0



            肴町の『居酒屋まっちゃん』で『義侠の会』が開かれたので行ってきました。
            高丘の『内山酒店』さんと『まっちゃん』のコラボだそうです。『貴田乃瀬』でも一昔前(一昔っていうのは10年位前の事になりますねぇ)は『義侠』さんを使っていたのですが、いつの頃からか冷蔵庫の中から姿を消してしまいましたねぇ。

            一時期の『義侠』のブームは凄まじい物がありましたし、単にブームだけではなく実力も半端なものではなかったですね。『貴田乃瀬』ではコースの時に料理に 合わせて順番にお酒を出しているのですが、当時、途中で『義侠』を出すとそこでリターンがかかり、そこからずっと『義侠』が続くってことがありました。

            別に悪いことではなく、素晴らしい『日本酒』をお客様が味わってリターンして頂けるのですから『義侠』を出してあげたいのですが、すべての料理を『義侠』が引き受けられるかって言うと、そうとばかりは言えません。いくら『義侠』でも万能ではありませんから(笑)。

            それでも、お客様の強い要望でほとんど最初から最後まで『義侠』だけ・・なんてこともありましたねぇ』(笑)。あれから10年かぁ・・。すっかりと『義 侠』のことを忘れていましたが(笑)。専務さん(でいいのかな?)次男の方がいらっしゃると言うことで『まっちゃん』へ行ってきました。

            お父様とは違い(笑)とてもシャープな感じのする素敵な33歳の男性でした。お話しも上手でしたし、なによりも我々の他愛もないような話にも耳を傾けてくれていました。
            今時珍しい蔵元かも(笑)。

            これからの『義侠』には期待大!!ですね。

            久しぶりの頂く『義侠』はどれも素晴らしく美味しいものばかりでした。さっそく『内山酒店』さんに注文を入れることにしましょう。10年ぶりに『義侠』が『貴田乃瀬』の冷蔵庫に入ってきます。

            infomation
            旬肴地酒 貴田乃瀬
            静岡県浜松市田町231-1
            電話:053-455-2832
            定休日:日曜と月〜木の祝日

            calendar
               1234
            567891011
            12131415161718
            19202122232425
            262728293031 
            << July 2015 >>
            selected entries
            categories
            archives
            recent comment
            recommend
            links


            雑誌にご紹介いただきました。

            『一個人』2008年11月号
            一個人

            『一個人』2009年10月号増刊

            太田和彦さんに取材していただきました。

            『居酒屋味酒覧 第2版 精選173』
            居酒屋味酒覧 第2版 精選173

            『居酒屋味酒覧 精選172』
            太田和彦の居酒屋味酒覧 精選172

            『東海道 居酒屋膝栗毛』
            東海道 居酒屋膝栗毛

            『居酒屋紀行5南日本篇』
            ニッポン居酒屋紀行5南日本篇

            『日本百名居酒屋第四巻』

            百世瑛衣乎さんに取材していただきました。

            『ブログ成功バイブル』
            超カンタン! 最強メディア ブログ成功バイブル

            居酒屋百名山
            profile
            search this site.
            others
            mobile
            qrcode
            powered
            無料ブログ作成サービス JUGEM