新しいメニューの一つ。

0

    ブログの記事を書いてもアップできない・・ってなことが続いてまたまた日にちがあいてしまった・・。今度こそ大丈夫だと思うんだけどなぁ。頼むから普通に動いてくれよぉ(笑)。

     

     

    新しいメニューに切り替え中なのでお店にお客様が少なくても仕込みは結構な量がある(笑)。時間もかかるです(笑)。

     

     

    で、新しいメニューの一つ『味のフライ雲丹のせ』・・本日最初の注文があったのでお客様のご意見を聞いてみると・・『美味しいなぁ‥これは面白いッ』ってお答えでした。

     

     

    どんなふうになっているのかって言うと、味の片身さらに観音開きにして、そこに里芋を裏ごししたものの中にカニの身をほぐして入れたものを詰めていきます。きっちりと隙間の無いように詰めないと合わせたところから詰めた芋が噴き出てきてしまいますからね。

     

     

    しっかりとパン粉をつけてしっかりときつね色になるまで上げます。曹操、大事なことを忘れてましたが、里芋は一度味をつけて炊き上げてあります。少し軟らかめに炊き上げてから裏ごしをするんです。

     

     

    カラッと揚がってから二つから大きさによっては三つぐらいに切り分けて塩と胡椒をふって(笑)切り口のところに『雲丹』を乗せて完成。

     

     

    このメニューのプロトタイプになった『鰺のフライ』は2年位前に一度作ったんですが、その時は詰め物をせずただの『鰺フライ』の上に『雲丹』をのせていたんです・・・。これはこれで『美味しい!!』と高評価を頂いていたんですが、ただの普通の『鰺フライ』って事に引っかかりがあって・・何とかひと手間いれたもっと美味しくできないかなぁ・・と思って今回作り直してみました(笑)。

     

     

    昔一度作ったメニューでも、もう一度手直ししてみると新しいメニューになるって言うものが結構な数あるって言う事に気が付いて(笑)ちょっと前のブログを見直して(笑)なんとか使えるメニューがないのかなぁって・・。

     

     

    あの時は精一杯作って完成品だと思ったものも、今見直すとこうやってああやって考える隙間があったりするんです。手を入れても失敗するものもありますが・・まだもっと高みに持っていけるものもあったりするんですねぇ。

     

     

    『高見』って言うほど大したものでないですけど(笑)。

     

     

    さて、仕込みも終わったしぼちぼち寝ますかね。


    かたやま酒店さんの酒の会に行ってきました。

    0

      ああっ・・またパソコンの調子が(笑)。

       

       

      仕方がないなぁ・・まぁ我慢して何とか動かしていくかぁ(笑)。せっかくブログの記事を書いておいてもアップできない(笑)。今月こそは休まず一生懸命に書き込もうと思っていたのに。

       

       

      で・・日曜日に『かたやま酒店さん』主催の酒の会に行ってきました。今回は中区鍛治町にある『そば切俺庵』さんでの酒の会でした。

       

       

      『テーマ』は『雄町と蕎麦・蕎麦前料理』でした。『お町』とある通り、今回のお酒はすべて『雄町米』を使ったお酒・・『雄町縛り』と言うことです。

       

       

      まず、お酒の紹介から。

       

       

      臥龍梅 鳳雛 純米大吟醸 雄町生貯 無濾過原酒30BY

       

      天明 МITSUGО『白』祖苦情純米89 29BY

       

      開運 赤磐雄町 純米吟醸 無濾過生原酒 30BY

       

      七田 純米吟醸 雄町 50生 30BY

       

      鶴齢 特別純米 瀬戸産雄町55 27BY

       

      正雪 純米大吟醸 備前雄町 20BY

       

       

      続いてお料理も。

       

      前菜 焼き味噌 だし巻き 漬物

       

         蕎麦サラダ

       

         餡掛け豆腐

       

         豚角煮 

       

         目光唐揚げ 銀餡

       

         鴨せいろ

       

       

      雄町の日本酒勢ぞろい・・実に面白い企画だと思いました。雄町の飲み比べなんてなかなか出来そうでやらない(笑)ですからねぇ。

      『かたやまさん』から頂いた資料から『雄町』の紹介を・・ほぼ丸写しですが(笑)。

       

       

      『雄町米』とは。

       

       

      昔から米粒の中心付近に見られる円形もしくは楕円形の白色不透明な部分である『心白』の発現する大粒種は酒米として好まれてきました。

       

       

      『心白米』はより吸水性がよく麹菌が進入しやすくして糖化を容易にします。その中でも『雄町米』は『心白』の発現が良好な大粒種で、酒造好適米の最高級品種として全国的に知られています。

       

       

      岡山県南部で9月上旬に出穂し、10月下旬に成熟期を迎える晩成種で、百年以上も前に見つけられ現在も栽培されている品種は『雄町米』だけですが、背丈が115cmと高く倒れやすく病害虫にも弱いために他県では普及せず、その9割は岡山県内で栽培されています。

       

       

      と・・言うことです。

       

       

      続けて(笑)。

       

       

      優れた点として『雄町米』で出来た酒は独特のやさしさとまろやかさがある・とされています。『私』が個人的に『雄町米』の酒の好きなところを上げろと言われたら『まろやかな酒質』に尽きると思います。

       

       

      欠点としては、倒れやすいと言うこと、収穫量が少なく栽培が難しいと言うことだそうです。『雄町米』を使った酒が少ないのも理解できますね。

       

       

      『雄町米』は溶けやすく長期型・・出来上がってから熟成に向く酒質になります。まろやかで秋あがりをする酒になるって言う訳です。

       

       

      『私』個人的な好みでは『秋あがり』よりも1年寝かせたぐらいの(すべての雄町米使用の酒ではありませんが)ものが好みです。酸の上りも穏やかですし、味がぐっとのってくる・・ここがたまりません(笑)。

       

       

      今回は『俺庵』さんに入る人数がわずか11名と言うことで『酒の会』の中に選んで頂いただけでもありがたい(笑)貴重な酒の会でした。

       

       

      勉強になりました・・・ホント・・これは勉強になりましたねぇ。『貴田乃瀬』の酒の会・・前回は山廃縛りでした。また○○縛りでやってみようかなぁ(笑)。


      不審者に見えるらしい。

      0

        水道のパッキンがすり減っていて蛇口から水がポタポタと漏れていて完全に止まらない(笑)。

         

         

        で・・パッキンの交換をすることにした。『貴田乃瀬』全体の水道の大本の本栓がシャッターの前、道路に面したところにあるので『私』にとっては夜中、世間の皆様にとっての朝方シャッターの前でまずは栓を閉めないと・・と思ってふたを開けようとしていたら…通りがかりの全く知らないおじさんに『こらぁ‥悪戯するんじゃない!!』と怒られてしまった。ここは自分の家だと言うと『そう、ご苦労さんだね』とさらっと一言で足早に逃げて行った(爆笑)。

         

         

        いったい何なんだ・・『私』は座って仕事をしているだけで不審者に見えるのか!!。後ろ姿だけでも怪しい人間に見えるのか!!。

         

         

        まぁ…どうでもいいけどねぇ(笑)。

         

         

        で・・何事もなく簡単にパッキンの交換をするとチロチロと止まらなかった蛇口化の水漏れがぴたりと止まる・・当たり前だけどね(笑)。

         

         

        家中の事が何でも自分で解決できるわけじゃないけど、トイレも直したし(タンクの中の部品交換)壁紙もちょっとくらいなら張り替えるし、障子はもちろん時間をかけていいのなら襖ぐらいも何とかできる(笑)ただその時間がないだけ(爆笑)。

         

         

        結局時間をお金で解決するようになるんだなぁ‥業者さんにお願いすることになる。出来ることはなるべく自分で片づけないと。

         

         

        日曜大工って今は言わないんだってねぇ(笑)昔は何でもやったんだけどねぇ・・寝てる方がねぇ(笑)。


        早めに寝よう。

        0

          お店のすぐ近く、旧遠州病院跡地に建設中のマンション・・一番最初にマンション建設の説明があってから15年以上たっていると思う。

           

           

          リーマンショックやら鉄鋼の高騰やらで建設が見送られ一昨年からようやく工事が始まった(笑)。丸一年以上の工事もようやく終わったようで、一応外外側から見る限りでは『完成』したみたい(笑)。

           

           

          これから内装工事にかかるらしい・・まだあと半年くらいはかかるのかな。『私』ができたてのマンションに入る訳ではないので(笑)完成したからどうだって話だけど・・なんとなく店の近くに・・外に出るとすぐそこに大きな建物が出来たって言うのはうれしいなぁ。

           

           

          ランドマークとしては最高だと思う。

           

           

          お客様の引けが早くて仕込みがしっかりと出来たけど『新しいメニュ』の仕込みも並行してやっているので時間がたっぷりあっても間に合わない(笑)。

           

           

          今日はこれで仕込みを切り上げて寝ることにしよう(笑)。やろうと思うと今から3時間から4時間ぐらい続けられそうだもの。

           

           

          ひとまずベッドに入って明日またちょっと早起きをして頑張ることにしよう(笑)。片づけをして・・寝る(笑)。


          またまたパソコンがぁ。

          0

            パソコンの調子が悪いんです(笑)。2月の初めごろから調子が思わしくなく、10日間もかけて自分で直せたと思ったのもつかの間(笑)またまた調子が悪くなってきました。

             

             

            起動するまでにかなり時間がかかります(笑)。仕込みをやりながらなのでパソコンの前に座って待っている訳ではないのものすごく気になると言うことはありませんが・・やはり、そのままにしておいていいと言う症状ではないようです(笑)。

             

             

            ウイルススキャンをかけたところ何かがいるようで(笑)さっきから1時間以上もスキャンしてます(笑)。まぁ、何とかなってくれればいいのですが(笑)・・おかみさんが笑っている場合じゃないよって言ってます!!。

             

             

            パソコンの話しはひとまず、新しいメニューのために『筍』を発注したのですが・・・・何時まで待っても届きません(爆笑)。どうなっているのかと思って電話をしたところ(九州まで)注文がされていないんですって(笑)ちゃんとメールを送ったつもりだったのですが・・ああっ、またパソコンの話しに逆戻りだぁ(笑)。

             

             

            まぁ、今週末には届いてくれると言うことなので、頑張って土曜日には間に合うようにしてみます。今年の『筍』はオリーブオイル煮にしようかと思いましたが、シンプルに美味しいお出汁で炊き上げて『ドンコ(乾燥シイタケ)』をしっかりと戻して物をペースト状にして、卵に流したもの・・『筍』の付け合わせとに使います。

             

             

            菜の花・椎茸流し玉子・筍の三点を盛り付けて完成としました。と言ってもまだ『筍』が届いていませんが(笑)。

             

             

            金曜日に間に合うように仕込みをしようと思ったのですが、こりゃぁ無理(笑)頑張って土曜日にメニューに上げられれば…と言う処です。


            infomation
            旬肴地酒 貴田乃瀬
            静岡県浜松市田町231-1
            電話:053-455-2832
            定休日:日曜と月〜木の祝日

            calendar
                 12
            3456789
            10111213141516
            17181920212223
            24252627282930
            31      
            << March 2019 >>
            selected entries
            categories
            archives
            recent comment
            links


            雑誌にご紹介いただきました。

            『一個人』2008年11月号
            一個人

            『一個人』2009年10月号増刊

            太田和彦さんに取材していただきました。

            『居酒屋味酒覧 第2版 精選173』
            居酒屋味酒覧 第2版 精選173

            『居酒屋味酒覧 精選172』
            太田和彦の居酒屋味酒覧 精選172

            『東海道 居酒屋膝栗毛』
            東海道 居酒屋膝栗毛

            『居酒屋紀行5南日本篇』
            ニッポン居酒屋紀行5南日本篇

            『日本百名居酒屋第四巻』

            百世瑛衣乎さんに取材していただきました。

            『ブログ成功バイブル』
            超カンタン! 最強メディア ブログ成功バイブル

            居酒屋百名山
            profile
            search this site.
            others
            mobile
            qrcode
            powered
            無料ブログ作成サービス JUGEM