たまには私がお惣菜を。

0
    いつもは、おかみさんが晩御飯の支度をしてくれるのですが、たまにはお店の食材で『私』がお惣菜を作ることもあります。で・・今日はアジフライ(笑)。

    長の字がつくくらいに簡単なお惣菜ですねぇ・・『私』が・・なんて威張って書くほどのこともありませんか(笑)。それでも、おかみさんは『私』が作ったアジフライは絶品だと褒めてくれます(笑)。多分自分で作らなかった分・・楽ちんな分だけのお礼のつもりでしょう(笑)。

    アジは、ゼイゴをきれいに取り除き、胸鰭の下から包丁を入れて頭を落とします。
    腹の所に斜めに包丁を入れて腸を出し、水で洗ってからきれいに水気を拭き取っておきます。

    まぁ、最初から三枚におろしてしまったところから始めても良かったのですが(笑)たまには料理人らしく魚を下ろしていく手順を書き込みましょう。

    ぞくに大名おろしの状態に(つまり三昧に下ろせたら)できたら、腹骨をそぎ落とし、塩と黒胡椒を軽くふっておきます。(個人的には、この時点では塩もコショウもふらず、フライが揚がった所に塩・胡椒を振って食べるのが好きです)

    まんべんなく薄く衣をつけ(メリケン粉をはたき、溶き卵をくぐらせてからパン粉ですよ)サラダ油を中温にして揚げます。こんがりと色がついてきたら出来上がりです。

    いまさら書かなくっても、誰が作っても同じ手順でしか料理ができません(爆笑)。揚げてから三枚に下ろす・・なんてことは絶対にできませんから(笑)。書くまでもありませんでしたが、一応ね。

    ようは、油の中で火を通してしまわないようにすること、油から上げてお皿の上に盛りつけた頃に『予熱』で 中まで火が通っているように出来ると、おかみさんに褒めて頂けるような、美味しい『アジフライ』になると思います(爆笑)。

    ちなみに、どうでもいいことですが『私』的には、あくまで醤油でフライを食べるのが好きです。

    まだまだ勉強することはいっぱい。

    0
      さて、たまには時間の取れる日もあるもので(笑)。今日はじっくりとブログが書き込めると思ったら・・急に想い出すんです(笑)あれやらこれやら!!。

      で、結局この時間まで(爆笑)。まぁ、どうにもなりませんなぁ。

      この歳になって『アワビ』に更に柔らかく火を入れる方法を知りました。今までのやり方でも十分柔らかく仕上がっていたと思っていますが、世の中まだまだ自 分の知らない事の方が多いんですねぇ。今までは、酒と水を半々ぐらいしたものの中に掃除をした『アワビ』をつけて70度で10分ほど加熱・・これが一番だ と思っていました。

      と・あるインド料理の調理方法が載っている本を読んでいる時に『タンドリーチキン』を作る時にまず、ヨーグルトでマリネするって書いてありました。『ヨー グルトねぇ・・』その時は漠然と頭に『ヨーグルト』って言葉を残しただけでしたが、ある日『アワビ』の仕込みをする時にこの『ヨーグルト』って言葉を急に 思い出したんです。

      ちょっとだけ・・試しにやってみるかなぁ・・なんて(笑)で・・試してみたんです(笑)。まぁ『ヨーグルト』にそのまま『アワビ』をつけたり、火を入れたりシタンではありません(笑)。
      偉そうにレシピを公開するほどのこともありませんので秘密(爆笑)ですけど、これはびっくりするくらいに柔らかく仕上がりました。

      今回は、2ケほどの『アワビ』に『ヨーグルト』を試しただけですから、お客様に召し上がって頂くことは出来ませんが、次回の「アワビ』の仕込みの時から、この『ヨーグルト』を使った『アワビ』をお客様に提供できます(ちょっと先になりますけどね)。

      そうかぁ、まだまだ勉強することはいっぱいありますねぇ・・もっと素晴らしい料理を考えつくように、勉強しなくちゃいけません(笑)。

      風邪などひかずに、ひいたら家に帰りましょう(笑)。

      0
        だるくて熱っぽい!!・・これはインフルエンザかも知れない!!朝起きた時には、心配したのですが、夕方お店を開ける頃になったら絶好調(爆笑)。間違ってもインフルエンザではないと確信できるくらいに元気でした。

        昔と違い、ゴホゴホと咳をしながらお店に入ってくるお客様はほとんどいなくなりましたね。『風邪なんて人に移すと治るんだよ!!』なんてバカなことを言う人はいなくなりました。風邪を引いたと思ったら、家でゆっくりと体を休める・・これが一番です。

        が・・どうしても出てこないといけない・・自分がその場所にいなければ話がまとまらない(笑)確かにそう言う立場の人はいらっしゃいますよね。早く家に 帰って寝たいのに(笑)『お願いします!!ほんのちょっとだけで結構ですから‥・顔だけでも出して頂けると助かります・・』って言われて、無理をして出て くるんですねぇ。

        今日のお客様。・・・まさにそんな感じでお見せに来たらしく途中で気分が悪くなってしまい『すいません・・タクシーを呼んでください』と真っ青な顔 で・・。『貴田乃瀬』の料理が原因ですかぁ!!!って心配になるじゃないですか(笑)。頼むからお店で具合が悪くなるのはやめて下さいね。

        もう、10年以上も前の話しですが、お客様が低血糖で倒れたことがあって、救急車がお店の前に(笑)『すいません、サイレンは鳴らさずにお願いします・・』って言ったのに物凄いサイレンで救急車がお店の前に。

        ご近所の皆さんが沢山出てきて(爆笑)もう・・何とも言えませんでしたねぇ。
        幸い、お客様は自分の足で救急車に載ることが出来るくらいに回復した後でしたからその後の問題はありませんでしたが・・確かに、お客様は心配ですが(笑)・・ねぇ。

        それからしばらくして、おかみさんが喘息の発作で緊急入院した時にも救急車を呼んだことがあります。この時にはサイレンを鳴らさずに入ってきてくれまし た・・。早朝でしたが、ご近所の皆さんが心配して顔を出してくださって(笑)『喘息なんです・・おかみさんが喘息なんです』なんて、誰に向かってか知りま せんが、妙な言い訳をしながらおかみさんと救急車に乗りました(笑)。

        話がとっちらかってますねぇ(笑)そうそう・・風邪の話し。昔と違ってインフルエンザなんぞに感染したものなら1周間はお店を休まないと元に戻らない体になってしまいました(歳ですものねぇ)。気を抜かず、これから春までが要注意!!。皆様もお気をつけあそばせ(笑)。

        危うく火事になるところでした。

        0
          もう何年も前からの懸案事項(笑)のこのブログ。どうしたものでしょうか(笑)。
          書き込みたいことは山のようにあるのですが、時間がない(笑)。

          もう何回も同じことを書いているので、この話を書くのは辞めたいのですが(言い訳ばかりだからなぁ)まぁ、一応ね。

          今年の4月に入ったら、貴田乃瀬を禁煙のお店にしようかと思っています(爆笑)。『私』がタバコをやめたからではなく(笑)ちょっとした事故・・事件があったからなんです。

          先週末、お座敷に入ったお客様がテーブルの下に灰皿を置いてたばこを吸っていたらしく、お帰りになった時には畳がコゲコゲ・・同じお座敷のお客様に気を 使って、テーブルの下に灰皿を置いたのでしょうが、見ながら灰を落としていたわけでは無いみたいで、ほとんどが畳の上にタバコが落ちていたのでしょう。

          たたみ一畳全とっかえ(笑)くらいの焦げ跡です。お客様はなにも言わず『シレット』した顔でお帰りになりました(すいませんくらい言っていけよ!!・ 怒)。で、その上にごていねに座布団をのせて隠してあったものですから、座布団にまで焦げが移りまして、もし確認せずに寝ていたら座布団から火が出て、今 頃貴田乃瀬どころか『私』もおかみさんもこの世にいなかったと思います。

          大事件ですよ・・これって。

          で・・店内禁煙にしようかと思いまして(笑)。

          その他にも色々書きたいことがあるのですが、ちょっと前まで自分もたばこを吸っていたわけですから、あまり強く言えませんねぇ(笑)。とにかく・・ちょっと様子を見てから店内禁煙の方向に持って行こうと思います。

          自分の家だけが燃えるならまだしも。ご近所の皆さんにも多大な迷惑がかかることです。タバコを吸うのなら、最低限のマナーがなければ。火事になってからではどうしようもありませんからねぇ。

          ようやく最終回『かたやま酒店さん』主催の酒の会。

          0
            さて、いよいよ『かたやま酒店』さん主催の『酒の会』の書き込み、なんとか最終回に持っていけそうです(笑)去年の21日ぐらいですから・・すでにひと月かかっている訳で。

            なんとも言い訳も出来ないようなこの始末(笑)いくらなんでも一月もかかってしまうなんて・・申し訳ないの一言です。

            では、言い訳しながら(笑)最後の二つを書き込みましょう。

            大吟醸 白露垂珠 東北鑑評会優等賞酒

            最後の大吟醸には、貴田乃瀬のとっておき(笑)『鯖団子鍋』を合わせてみました。正直、この『鯖団子鍋』にはパンチの利いたと言うか、どっしりとした重めの日本酒を合わせているのですが、今回は『白露垂珠』。

            香りは穏やかなのですが、さすが『金賞受賞酒』パワーが違います。『鯖団子鍋』の全てを包み込んでもまだ余裕のある懐の深さ・・素晴らしい(笑)。美味し かったですねぇ。走り回って仕事をしながらも、カウンターのお客様から少しグラスに頂いて(笑)三度ほどおかわりをしてしまいました(爆笑)。

            この『鯖団子鍋』・・山椒がかなり利いていて腰の弱いと言うか輪郭のぼやけたような日本酒では太刀打ちの出来ない料理なのです。上にも描きましたが、かなりどっしりとした日本酒でないとがっぷり四つに組むことは出来ません。

            『それじゃァ、本当に白露垂珠で大丈夫だったの??』と疑問符を点ける方もいらっしゃるでしょうが、本当に試してみてください(笑)。香りが強かったらた ぶんダメだったでしょうねぇ。口に含んでみても穏やかな吟醸香。ココがポイントでしたね。山椒の香りと吟醸香も喧嘩しませんでした。大吟醸の力強さが 料理を包み込んでいた・・そんな感じでした。

            締めのお酒は デザートワイン感覚でディジェスティフ=食後酒として。
            獺祭 遠心分離39

            獺祭をここに持ってくるのか(笑)しかもデザートワイン感覚ってか(笑)。
            難問でしたねぇ・・超の字がつくくらいの難問(笑)。だって、これって獺祭だけでも十分じゃないですか・・ほかになにか合わせなくっても(笑)。

            このお話を頂いた時、まだお酒のラインナップも決まっていな時からデザートには、干し柿を使おうと決めていました。最後に出るお酒に浸した干し柿・・これで十分にデザートになると・・あんこは必要だ(笑)。

            が、しかしですよ・・最後のお酒が獺祭になってきて・・獺祭に漬け込んだ干し柿って言う訳には行かなくなりました。なぜって・・獺祭がもったいないのと (笑)この手の吟醸酒になにか漬け込んだとしても、決して美味しくはならない。あまみが出てこないしコクも出てこない。キレイすぎて漬け込んだものに味わ いが移らないんです。

            で・・今回のお酒の中で、個人的にもっとも味わいが好きな日本酒『鶴齢特別純米 五百万石 』に干し柿を漬け込んでからペースト状にして、さらに羊羹んにしてみました(笑)。お酒の飲めない人には評価してもらえない『干し柿羊羹』です。

            獺祭と合わせてみましたが、きれいな獺祭に足りない野暮ったさ(すいません・鶴齢さん)がちゃんと味になって出てきくれていました。作った本人が思った以上にうまく言った組み合わせだったと思います。

            さて、今回の酒の会。大変に勉強になりました。ただ、12月の末って言うのが(笑)。
            それでも、来年ももしお話がいただけるのでしたら、是非チャレンジしてみたいと思おうくらいに『私』的には充実感も達成感も得ることが出来ました。

            来年も同じ12月の末に死にそうになりながらまたこの酒の会を開きたいと思います(爆笑)。

            『かたやま酒店』さんの御主人・奥様、ご苦労様でした。これに懲りずにまたお話しを頂けたら幸いです。当日、参加してくださったお客様。ありがとうござい ました。至らぬ点も多かったと思いますが、次回はそれを改善して(笑)またお目にかかりたいと思います。さらに・さらに・・コアな酒の会にしてみたいと思い ます。

            なんとひと月掛かりでようやく完成した『かたやま酒店』さん主催の『酒の会』の記事。風邪を引いたり体調を崩したりとたくさんの言い訳を用意しながらもなんとか最終回に漕ぎけました。

            この次から、もう少し早めにアップ出来るよう・・いま、このブログのあり方をいろいろと考えていて、なんとかもっとたくさんの書き込みができるようにしたいと思って、あれこれ試しているのですが・・今一つってとこでしょうか。


            遅れましたが、ありがとうございました。

            infomation
            旬肴地酒 貴田乃瀬
            静岡県浜松市田町231-1
            電話:053-455-2832
            定休日:日曜と月〜木の祝日

            calendar
                123
            45678910
            11121314151617
            18192021222324
            25262728293031
            << January 2015 >>
            selected entries
            categories
            archives
            recent comment
            recommend
            links


            雑誌にご紹介いただきました。

            『一個人』2008年11月号
            一個人

            『一個人』2009年10月号増刊

            太田和彦さんに取材していただきました。

            『居酒屋味酒覧 第2版 精選173』
            居酒屋味酒覧 第2版 精選173

            『居酒屋味酒覧 精選172』
            太田和彦の居酒屋味酒覧 精選172

            『東海道 居酒屋膝栗毛』
            東海道 居酒屋膝栗毛

            『居酒屋紀行5南日本篇』
            ニッポン居酒屋紀行5南日本篇

            『日本百名居酒屋第四巻』

            百世瑛衣乎さんに取材していただきました。

            『ブログ成功バイブル』
            超カンタン! 最強メディア ブログ成功バイブル

            居酒屋百名山
            profile
            search this site.
            others
            mobile
            qrcode
            powered
            無料ブログ作成サービス JUGEM