生ビールを変えました。

0
    生ビールを変えました。

    ずいぶんと長い間『アサヒの熟撰』を使ってきましたが、今回『サントリーのマスターズドリーム』に変えることになりました(すでに変わっているのですが)。




    長い間お世話になった『アサヒ』さんには申し訳ないことですが・・気が引けたのですが・・『サントリープレミアムモルツ・マスターズドリーム』の旨さに負けてしまいました。
    『貴田乃瀬』の味には『熟撰』があっていると思い、ずっと使い続けてきました。これといって問題も不満もありませんでしたから、このままでもいいんじゃな いかと思ったのですが『試してみてください』と酒屋さんに言われて飲んでみたら・・コクもありキレもよく・・今の『貴田乃瀬』味にピッタリフィット (笑)。

    おかみさんの『ワイン』が実によく出るようになって、各料理の味もほんの少しマイナーチェンジ(笑)。味的には少しづつ変わってきていたんです。その、今の『貴田乃瀬」にピッタリ。

    頂いた『取扱店』の看板には『心が震えるほどにうまいビール』と書いてありますが、心は震えませんが(笑)確かに美味い!!。お客様の評判も上々・・どころか大変によろしい(笑)。グラスはホンの少し小さめになりましたが(笑)その分美味しいビールを楽しんでもらえます。

    これから暑い夏がやってきます。この『マスターズドリーム』が本当の評価をいただくのはやり夏!!でしょう。日本酒もワインも、そしてビールも・・美味しいものをお客様に飲んで頂きたいと(笑)思う次第です。

    ぜひ、お試し下さい。

    そらまめ豆腐始まりました。

    0
      本日より『そらまめ豆腐』始めます。



      『そらまめ豆腐』・・一番最初の頃は4月の終わりぐらいから始めていたんですねぇ(笑)すごいですねぇ。『そらまめ』値段が高かったでしょうにねぇ。

      5月に入るとすぐに『おやかたぁ・・そらまめの豆腐はまだなの?』ってお客様からの催促があり(笑)『もうちょっと待って下さいね、他のメニューとの兼ね 合いもありますから・・』なんて言いながら先延ばしをしてきたのですが、そろそろ言い訳も限界(笑)で・・今日から始めることになりました。

      もう何年も作ってきているので、10ケ月ぶりとは言え難しいことはありません。目をつぶっていても(笑)できる・・かもしれないくらいにたくさん作りました。

      途中で何度も『そらまめ』以外の『豆腐』も作って見たのですが、お客様が『そらまめ豆腐』以外はあまり評価してくださらず(大笑い)結果的に今でも『そらまめ豆腐』を作っています(笑)。

      これで初夏から夏に向けての定番メニューはひと通り揃いました。『そらまめ豆腐』・『冷たい野菜の炊合せ』・『甘鯛の唐揚げポン酢ムース』この時期、これ だけを繰り返し作っているような気がしないでもないのですが(笑)。実際には、この時期新しいメニューをいくつも創って来たのですが、この三強を追い落と すだけのものを未だ作れずにいるってことになります。

      でも・・少しづつ、新しいメニューで定着しつつあるものも出てきているんです。あと三年くらいしたら、この時期の定番になりそうなものも・・。

      『そらまめ豆腐』よろしかったら(笑)。

      『目黒の清水さん』ご来店とチャーリの話しが。

      0
        朝起きて(って言っても昼過ぎに起きるんですけどね・笑)パソコンを開く・・フェイスブックを見ると『目黒の清水さん』が浜松に来ているみたい (笑)。前回のように、夕方までに東京に変えるのかしら(笑)なんて思っているうちに当の『目黒の清水』さんから電話が入る(笑)。

        で・・ご来店。相変わらず緊張するなぁ(笑)。ものすごく緊張する(笑)チャーリーが来ればいいのになぁ・・と思っていると『清水さん』が『後か らチャーリーも来ますよ』と。
        ちょうどお店が混んできたので『清水さん』のお相手が欲しかったところ、チャーリー!グッ!!(笑)。

        たいしたお話もできないうちに『清水さん』お帰りの時間、いざ帰ってしまうとなると今度はいつ会えるのかなぁ・・と、前回『清水さん』がお店に 来たのは3年前だそうだから、この次はまた3年後かなぁ(笑)。



        その後はチャーリーと少し世間話し(笑)『私』とチャーリーの間の世間話しってどうよ(笑)。その中で『ほうっ』って思う話しが一つ。『貴田乃 瀬』酒の会で、もう何年も前に挑戦した『松の寿』・・最初の年は『松の寿』に完敗(笑)酒が料理に勝ってる!!って状態(笑)リベンジ の翌年・・なんとかクリアできたと自分的には思いましたが・・。

        香りの強い日本酒に料理を合わせるって言うのは、ものすごく難しいと思います。まず刺し身者はほとんどダメ(笑)。何となく分かるでしょぅ(笑)。きちんとした処理をして生臭みなんかどこにも感じない刺し身でさえも『匂い』を感じてしまいます。

        当時の『松の寿』がこれでした(笑)。結局最初の酒の会と次の年の酒の会まで2年間だけ使って(笑)そこからはメニューから外れてもらっていました・・ が・・チャーリーが言うには『この頃の松の寿は、香りを抑えめにして酸を上げ、食事を取りながら頂ける(注・あくまでも親方の言う食事を取りながら・・) お酒に変わっていますよ!!』なんですと(笑)。

        こりゃぁ・・試してみないイカンバイ(笑)。たまにはチャーリーと世間話しをしてみるもので(笑)。『清水さん』がお店に来てくれたおかげでチャーリーとも話しが出来て、また一つ定番が増えそうな感じ。さっそく試してみましょうかねぇ。

        鰹の野菜盛りが始まりました。

        0
          鰹の野菜盛り始まりました。




          今年も『鰹の野菜盛り』が始まりました。『野菜盛り』の『野菜のツマ』・・今では一年中作り続けていますが『白子ポン酢の野菜盛り』が終わって3ヶ月ほ ど、少しのんびりしたといいますか(笑)週に2回ぐらいの割合で作っていけば間に合っていたのですが、これから『鰹』が本格的に出始めると・・毎日のよう に『野菜のツマ』を造ることにな入ります。

          プレッシャーです(笑)確実に仕込みにかかる時間が多くなるわけですから(笑)深夜仕込みをするときにも3時間で終わった仕込みが4時間とか・・かかってくる訳です。
          大変なんですからぁ(笑)。

          まぁ、毎度の愚痴を少し聞いて頂いて(笑)今年は『鰹の野菜盛り』の注文がしょっぱなからすごく多いんです!!。きてますねぇ!!(笑)。この調子でいくと、夏前に『薄刃(よく言うところの菜切り包丁)』を買い換えないと(笑)。

          毎年、秋口に買い換えて『牡蠣のミノ揚げ』の芋を死ぬほど刻み(笑)『白子ポン酢の野菜盛り』の野菜も死ぬほど刻み・・夏の「鰹の野菜盛り』の野菜をタッ プリと刻むと、買った時の半分くらいの幅に減ってしまうので・・また秋口に買い換える・・これを繰り返してきたんですが・・。

          この勢いだと夏前に新しい『包丁』を買わないといけなくなるかも(笑)。
          『薄刃』は一年に一回くらい・・柳刃は一年に3回ぐらい買い替えます(笑)良い包丁をずっと長く使っている立派な料理人の方がたにはお叱りを受けるかもしれませんが、一人で走り回っている『私』には砥ぎ倒して(爆笑)どんどんと減っていく消耗品になっています。

          また、砥石を砥石で平にして(笑)砥いで・砥いで・砥ぎまくる季節がやってくるのね(笑)。

          また載せて頂きました。

          0
            またご紹介して頂きましたので(笑)。

            ありがたいです。本当にねぇ。この本に紹介して頂けると『おやかた・見たよぉ』って言うお客様が多いんです。本を手にお店に入ってくる方もいらっ しゃいますから。

            発売されたのは3月の終わりなんですが(笑)なかなかブログに書き込むチャンスがなくってね。
            で、今日書き込んじゃいます(笑)。



            この本のシリーズに登場させて頂くのは三度目です。最初が『浜松上等なディナー』で、次が『浜松上等な和食』更に今回が『浜松・和の名店・こだわ りの上等な和食』・・すごいなぁ(笑)。

            最初が2010年ですから、5年の間に3回も登場させて頂いて・・ほんとうに嬉しい・ありがたい。
            前回の『浜松上等な和食』の時には、おかみさんがソムリエになったばかりぐらいで、今回は『シニアソムリエのおかみさん』と紹介されているか ら・・日々、少しづつだけど進歩してるし、変わり続けているって証拠ですかね(笑)。

            今まで『貴田乃瀬』が紹介された雑誌(本)などは、手に入れることができたものはとにかく全て取ってあるつもりですが・・10年以上も前のものに なると奥の方に片付けてしまって(笑)ちょっとやそっとでは取り出して見ることができなくなってます(笑)。

            ここ10年位のものは全て・・たぶんすべて(爆笑)お客様が手に取れる場所においてあるつもりですが・・そうでもないかなぁ(笑)。・・そうでも ないな‥・きっと(笑)。

            やる気の元って言うか、元気は出ます!!。単純に嬉しいです。物事を斜めから見て『この手の雑誌(本)に紹介されたからって、そんなにうれしい かぁ??』なんて言いませんよ(笑)嬉しいです。で、ありがたいです。

            自分が歳を取って・・ずうっと歳を取った時に、感傷に浸りながら開いて見るときに‥・きっとうれしいと思うけど、今でもうれしいんだから‥・懐か しいなぁって思いますよねぇ。

            とにかく(笑)よかったら見て下さい(笑)。まぁ、いつもと同じ顔が載っているんですけどね。

            これからもじぶんと「きたのせとおかみさんを評価してくれるもの、お客様の言葉とか・・そういったものの一つにして励みにしていきます。

            infomation
            旬肴地酒 貴田乃瀬
            静岡県浜松市田町231-1
            電話:053-455-2832
            定休日:日曜と月〜木の祝日

            calendar
                 12
            3456789
            10111213141516
            17181920212223
            24252627282930
            31      
            << May 2015 >>
            selected entries
            categories
            archives
            recent comment
            recommend
            links


            雑誌にご紹介いただきました。

            『一個人』2008年11月号
            一個人

            『一個人』2009年10月号増刊

            太田和彦さんに取材していただきました。

            『居酒屋味酒覧 第2版 精選173』
            居酒屋味酒覧 第2版 精選173

            『居酒屋味酒覧 精選172』
            太田和彦の居酒屋味酒覧 精選172

            『東海道 居酒屋膝栗毛』
            東海道 居酒屋膝栗毛

            『居酒屋紀行5南日本篇』
            ニッポン居酒屋紀行5南日本篇

            『日本百名居酒屋第四巻』

            百世瑛衣乎さんに取材していただきました。

            『ブログ成功バイブル』
            超カンタン! 最強メディア ブログ成功バイブル

            居酒屋百名山
            profile
            search this site.
            others
            mobile
            qrcode
            powered
            無料ブログ作成サービス JUGEM