来週の日曜日には。

0
    週末なら、のんびりとブログの書き込みができると思っていたのは大きな間違いでした(笑)。あれも・これもと次から次へとやることが出てきて・・来週の日曜日には『草取り』に浜北まで出向くことになり(笑)熱中症で倒れることは必死!!。

    休日の日曜日、目が覚めればすでにサザエさんが始まっていて、おかみさんと食事に行って軽く(爆笑)飲みに行けば一日が終わってしまうような生活をしている『私』が、日曜日の午後3時頃・・まさに炎天下の中で「草刈り』なんて出来るわけがないのです。

    たぶん、間違いなく熱中症で倒れます・・倒れていしまうので次の月曜日はお休みになるような気がしてなりません(大笑い)。

    たいして広くない場所ですが『私』とおかみさんだけは一日かかっても終わりそうにないものですから、草刈機を持っている友人を誘い(笑)さらにその狩った 草を焼却場に持って行ってくれる友人も誘って(笑)ひと仕事終えた後にはキンキンに冷えたビールをおごるから・・と、無理矢理に手伝わせることで陽に当た る時間をできるだけ短くしようと考えています(笑)。

    朝起きてから(世間の昼ごろですけど)・・いやっ、起きる前からずっと一日中エアコンの中で生活をしていますからねぇ・・日中、一番気温の上がる時間帯に寝ているのですから仕方がないといえばそれまでですが(笑)店に入ってもすぐにエアコンを付けます。

    自分のためではなく、食材のため(笑)ですから。猛暑、炎天下・・新聞で見る文字をあまり体験せずに夏が終わっていくのが毎年のことですが、今年は自分の体で、世間のみなさまが体験している猛暑・炎天下・さらに熱中症を実感してきます(笑)。

    もし、来週の月曜日お店を休んでいたら熱中症で倒れたんだと思ってくださいね(笑)

    雨にも負けず。

    0
      ほぼチャーリー(チャーリーは貴田乃瀬御用達・笑・の酒屋さんです‥・丸美屋酒店さんです)へ向けてのブログ書き込みです(笑)。

      久しぶりに大笑いをしました。高所見所からのご意見‥・爆裂でしたね。
      自分は物凄い人物なんですね(笑)。自分が理解できないものは・・多分世間の皆さんも理解できていないと思い込み・世間の皆さんがすでにご承知の件でも、自分が今日知ったことは、きっと世界で最初に自分が気がついた素晴らしい人間だと思わず発表してしまう(爆笑)。

      雨にも負けず  風邪にも負けず  雪にも夏の暑さにも負けぬ

      丈夫なからだをもち  欲はなく 決して怒らず いつも静かに笑っている

      一日に玄米四合と 味噌と少しの野菜を食べ  あらゆることを

      自分を勘定に入れずに  よく見聞きし分かり そして忘れず

      野原の松の林の影の 小さな藁葺の小屋にいて  東に病気のこどもあれば

      行って看病してやり  西に疲れた母あれば 行ってその稲の束を負い

      南に死にそうな人あれば 行ってこわがらなくてもいいといい

      北に喧嘩や訴訟があれば つまらないからやめろといい

      日照りの時は涙を流し  寒さの夏はおろおろ歩き  みんなにでくのぼーと呼ばれ

      褒められもせず  苦にもされず  そういものに わたしは なりたい

      宮沢賢治の『雨にも負けず』です。

      ちなみに、私は。

      死んでいく時は『無死』なにも残さず、できるだけ早くみんなの記憶からも消えてしまいたい。

      上からではなく、下からでもなく、横からでもなく、斜めからでもなければ、表でも裏でもない。そんなふうに生きていきたいと思っています。

      チャーリー・・本当に久しぶりに大笑いをしました。

      一般の皆さんにはなにが書いてあるのかまったく解らないブログの記事ですいません(笑)。いやぁ、本当はメールでやりとりをすればいいことなのですが、ひょっとして『アレのことかな』なんて考えてくれる人がいるかもしれないって思って(笑)。

      いやぁ、まだまだ人間が小さくって・・人生って一生勉強ですねぇ(笑)。

      おかみさんの名前が載っています。

      0
        日本ソムリエ協会の機関誌に、その名『「ソムリエ』と言うものがあります。二月に一度発行されます。今回の9月号にシニアソムリエ呼称資格認定試験合格者(笑)の名前が乗っています。



        楽しみに待っていた号です。さっそくページを開くと・・ありましたぁ・・・おかみさんの名前が『市川愛子(有)貴田乃瀬』と書いてあります(笑)。疑い深 いおかみさんは『バッジ』が手元に届いてからも『機関誌に名前が載るまでは安心できない・・』と理由の解らないことを言っていました(笑)。

        まぁ、これで『バッジ』も来た・認定書も来た・・そして機関誌に『名前』も載った・・文句はないでしょう。

        ちなみに、受験番号から、おかみさんは名古屋の試験会場で受験したということが分かります。合格者の名前のとなりに所属している会社やお店の名前などが書いてありますから、ネットで検索してみると、どこの県の方か分かります。

        で、おかみさんと同じ名古屋会場で受験した方がどこの県の方か調べてみました。同じように東京会場で受験した方も調べてみました(爆笑)。すると・・静岡県でシニアソムリエ資格認定試験に合格したのは・・多分‥・多分ですがおかみさんだけじゃないのか?と思われます。

        全国でも、今回の合格者を入れても2000人弱、そのうち女性は500人弱しかいません。その内の一人が『貴田乃瀬』のおかみさん(大笑い)。なんかすごくないでか!!。


        頑張ってくれたおかみさん!!なんとかバッジの写真もアゲられたし(笑).今度はおかみさんをどうやって売り出していくか!!ジックリと考えて、早急に手をうちましょう(爆笑)。

        久しぶりの家飲みワイン会in貴田乃瀬。

        0
          日曜日に、貴田乃瀬では久しぶりの「家飲みワイン会」を開きました。

          いつものメンバーで、料理とワインを持ち寄っての楽しいひと時です。ご夫婦✕5組で10人がテーブルに着き、午後7時に開始であっと言う間に明日へと突入(笑)。

          13本(うち1本はマグナム)を開け、皆さんかなりヘロヘロになってのお帰りでした。

          いつも思うのですが、この会の時にはカウンターを挟んでではなく、同じテーブルに座ってお話することが楽しくて仕方ありません。みなさん大切なお客様ですが、この会の時には『私』とおかみさんも、ある意味お客様になれます。

          おかみさんと一緒に食事に行く時には、できるだけ『私』達の顔の知られていないお店に伺います。・・・心配しなくても、誰も『私』達なんか知らないんですけど(笑)。比較的に、若い人の集まるお店に行くことが多かと思います。

          必然的に『私』とおかみさんが、その時お店の中にいる人の中で最年長者となることが多く、多少、周りの目が気になる時がありますが(笑)知っているお客様似合うことがない分、がまんも必要かと(笑)。

          イタリアン・フレンチ・中華・・もちろん和食のお店も行きますが、回数は書きだした順番通り、イタリアンが一番で、和食のお店に行くことはあまりありませんねぇ。だって、若い人だけが集まっているような和食のお店ってないでしょ(笑)。

          貴田乃瀬のお客様と遭遇することが結構あるんです・・和食のお店って(笑)。イタリンのお店が一番安心(笑)。心置きなくワインを飲んで酔っ払って帰れます(笑)。

          それでも、そのお店に伺う回数が多くなり、お店の方となんとなくお話をするようになってくると、あんまり心置きなく酔っ払うことができなくなります。出来るだけお店の方とひたしくならないように(爆笑)頬って置いてもらえるように仏頂面(普通にしていても仏頂面だってば・・)をして食事をして、終わったらサッと帰るようにしています(大笑い)。

          でも・・お気に入りのお店になってしまい、ひと月に一度か二度通うようになると・・どうしても仏頂面ばかり・・と言う訳には行きません。『ありがとう』と か『またきます』とか・・『美味しかったですよ」とか・・笑顔で言わないとねぇ(でも、仏頂面に見えているのかも・笑)。

          『家飲みワイン会』も、最初に開いた頃は『おやかたって、こうして一緒に飲むと、結構楽しくおしゃべりの出来る人なんだねぇ・・』なんて言われたこともあります(笑)。仕事中は仏頂面してますから・・普通にしていても変わりませんが(笑)。

          回を重ねる事に新しい発見のある『家飲みワイン会』・・できるだけ長く続けて行きたいと思っています。新しいメンバーも探しながら(笑)。

          生ビールの季節考。

          0
            世の中の匂いがなんとなくきな臭く感じるのは私だけでしょうかねぇ(笑)。

            さて、とにかく熱い!!7月半ばでこの気温なら8月はどうなることか!!さらに気温は上がり12月頃には真っ黒けになっているんじゃんないかと心配です(笑)。

            さすがに、この時期はビールが良く売れます『とりあえずビール』のお客様がほとんどです。大急ぎで洗ってもビールグラスが間に合わないほど・・と言うこともあるくらい。

            アサヒの『熟撰(じゅくせん)』を使っています。開店から10年位は生ビールを置かなかったのですが、お客様の強いご要望に負け(笑)生ビールを置くこと になりました。数種類の生ビールから、最初に選んだのは『プレミアムモルツ』でした。ビールとしては大変に美味しく、個人的にお気に入りでした。

            当時は、生ビールとかあまり興味がなくて『まァ、これくらい美味しければいいんじゃないの』ぐらいの判断で選んだのですが、それから半年もしないうちに、お店に『アサヒビール』の方が営業に見えて(笑)『熟撰』のサンプルを頂きました。

            正直『モルツ』の方が美味しいと思いましたねぇ(笑)。で、丁重にお断りをすると‥・ひと月ぐらい後に、今度はビール(熟撰)を作っている方とご一緒にも う一度お店に見えてくれました。『なんでダメなんでしょうか??』と言う、ものすごいシンプルな質問に(笑)戸惑っていると『この熟撰は、和食のお店に向 けて開発した新商品なんです』と・・・。

            これはちゃんとお答えしなくてはいけないと・・『誠にすいませんが、さらにひと月時間を頂けますでしょうか?その時にちゃんと勉強して説明いたします・・いま、なんとなく、感覚的に熟撰が合わないと考えていましたが、言葉にできるようにしておきますから』と・・。

            で、その後の一月の間にいろいろ実験をして、なぜ『熟撰』が使えないかを考えました。考えて実験を繰り返しているうちに、使えないのは『モルツ』の方で『熟撰』は改良スレバ素晴らしい物になるかもしれない・・と思うようになりました。

            結果的には『私』の意見を取りれて(くれたと思っていますが・笑)改良型の『熟撰』が出来上がり、想像以上に素晴らしい物になり、さらに『モルツ』から『熟撰』へと『貴田乃瀬』の生ビールが変わったのです。

            『アサヒビール』の会社の方との約束で、どこをどうしたのかとか・・細かな事はお話することが来ませんが・・マジで本当の話です(笑)。以来『貴田乃瀬』では、生ビールは『熟撰』となっています。

            で・・なんでコンな話をしたのかって言うと(笑)あれから10年近くが過ぎ、今度は『プレミアムモルツ』の方が(笑)当時と同じような攻勢をかけてきてい ます(笑)。って言っても、すでに完成度の高い素晴らしいビールですから『私ごとき』の意見などが入り込む余地はコレッポッチもありません(爆笑)。

            意見などいらないくらいに素晴らしい生ビールはいかがですか?(大笑)と言ってきたのです(まじで)。素晴らしい(笑)。

            酒屋さんとのお付き合い、そのまた上の『アサヒビール』さんとのお付き合い、お客様のご意見などもろもろがありますから、簡単に『そうですかぁ、そんなに 素晴らしいビールならぜひ御願いします。。』と言う訳には行きません。しかし、これまた考えて見る価値はありそうです(笑)。

            まぁ『熟撰』が変わることはないと思いますが、実験などを繰り返して日本酒やワインなどへの影響もしっかりと見てから・・考えたいと思っています。どうでしょうか・・多分皮rないと思いますけど(笑)

            infomation
            旬肴地酒 貴田乃瀬
            静岡県浜松市田町231-1
            電話:053-455-2832
            定休日:日曜と月〜木の祝日

            calendar
              12345
            6789101112
            13141516171819
            20212223242526
            2728293031  
            << July 2014 >>
            selected entries
            categories
            archives
            recent comment
            recommend
            links


            雑誌にご紹介いただきました。

            『一個人』2008年11月号
            一個人

            『一個人』2009年10月号増刊

            太田和彦さんに取材していただきました。

            『居酒屋味酒覧 第2版 精選173』
            居酒屋味酒覧 第2版 精選173

            『居酒屋味酒覧 精選172』
            太田和彦の居酒屋味酒覧 精選172

            『東海道 居酒屋膝栗毛』
            東海道 居酒屋膝栗毛

            『居酒屋紀行5南日本篇』
            ニッポン居酒屋紀行5南日本篇

            『日本百名居酒屋第四巻』

            百世瑛衣乎さんに取材していただきました。

            『ブログ成功バイブル』
            超カンタン! 最強メディア ブログ成功バイブル

            居酒屋百名山
            profile
            search this site.
            others
            mobile
            qrcode
            powered
            無料ブログ作成サービス JUGEM