富永商店の浜納豆・・。

0
    浜納豆です。浜松商工会議所のページからお借りしました。


    ご存知の『浜納豆』です。

    12月から翌年の2月ごろまでしか作られません。『貴田乃瀬』で2月以降に『食べたことがある!!』って言う方は、あくまで『私』が個人的に保存しておいたものを食べて頂いているわけです。まぁ、ご覧のとおりに『見た目は山羊の○○○』にそっくりです(爆笑)。が、えてして『美味い!!』と人を唸らせる食べ物の多くは『見た目が悪い』物が多いものです(笑)。『私』とか・・この『富永商店』の『浜納豆』もご他聞にもれずに口に入るまでは不気味な感じがして、勧める『私』のことをいまひとつ信用できずにいらっしゃるお客様には『だまされるんじゃないか??』と思うような食べ物でしょう(笑)。だましませんが・だまされたと思って一口召し上がってください。

    お酒のお供・お茶漬け・ご飯のお供に持ってこいなんです。ちょっと工夫をするのなら『チャーハン』の塩味代わりに、細かくたたいてパスタとか麺類の味付けに(夏に素麺なんかがいいです)。白身の刺身と刺身の間に挟んで・・この『浜納豆』の塩味で刺身を頂く・・これもまた乙なもんです。
    普通の『浜納豆』は乾燥している感じがしますが、この『富永商店』の『浜納豆』は『秘伝のたれ』に漬け込まれた後で軽く乾かしてあります。しっとりとした食感が『あっ、こんな浜納豆初めて食べるなぁ・・』と言うお客様の声になるんです。『富永商店』以外にも、ここ浜松で『浜納豆』を造っている所はたくさんあります。『私』は子供の頃からこの『浜納豆』を食べて大きくなってきたので(決して浜納豆でこんなに大きくなったわけではありません・笑)味に慣れているって言うのもあるかもしれませんが、あくまで個人的に『一番美味しい』と思っています。

    今年の1月にも、この『富永商店』の『浜納豆』をこのブログで紹介していますが、検索を掛けてまで探してくれるお客様も少ないと思いますから、もう一度アップすることにしました。『富永君』もっと『私』に感謝しなさいね(爆笑)。ブログの一つも持っていない『小さなお店』なものですからお買い求めの際には『浜北区貴布祢の富永商店・053−586−2219』へ電話してみてください。もちろん以前紹介した『金山時』や『貴田乃瀬』で使っている特製の『生あげ醤油』もこの『富永商店』さんで買い求めることが出来ます(ああっ、富永君、宣伝しまくりだぁ)。

    さて、昨日のブログで紹介して『コントワール』さんですが『いったい!!場所はどこなんだ!!どうやって予約したらいいんだ!!』とおしかりのメールを2通ほど『貴田乃瀬』常連の食い意地の張った(笑)お客様から頂きました(本当に笑!!)。この機会に『コントワール』さんの住所と電話番号も・浜松市中区田町329−8・電話053−456−7120です。どうぞよろしく!!

    豊月堂の柏餅・・美味しいです。

    0


      豊月堂の柏餅。

      『私』が生まれ育った町にある数少ない自慢できるものの一つに『豊月堂の柏餅』があります。遠州鉄道の駅の名前で言えば『北浜中学校駅前』おおっ!!そうだ、この中学校前って言う駅名が変わったんですよ。今現在は『美園中央公園』って言う駅になってます。この駅の近く・・国道沿いにある小さな和菓子屋さんなんです。1年中『柏餅』を作っているんです(笑)。皆さん『柏餅』ってお節句の時期だけのものだと思うでしょ!。普通はそうなんですが、この『豊月堂の柏餅』はお節句が過ぎた後からでも・・いや、むしろお節句のときにもらった『柏餅』の美味しさが忘れられずに、後から探してこのお店にやってくるっていうお客様が多いんです。何でそんなに詳しいのかって(笑)『私』の育った家がこの『豊月堂』さんの裏なんです(爆笑)。

      子供の頃からずっと食べ続けていますが、いまだに大好物!。餡子がなんともいえません。まぁ、どんなにこのブログで説明をしても、読んだだけで『柏餅』が食べたくなるように書き上げる文章表現力など『私』にあるはずも無いですから(笑)だまされたと思って一度浜北まで足を伸ばして買って食べてみてください(笑)。ちなみに、今まで『貴田乃瀬』でかなりたくさんのお客様に紹介したり、実際に食べて頂きましたが(あんまり美味しいんでちょくちょく浜北まで買いに行くんです・笑)『私』の顔が必要以上に強面なのを考慮に入れて、なおかつ半分がオセイジだとしても、皆さん『これは美味しいねぇ』と言ってくださいます(本当ですってば!!)。

      今日『豊月堂』の娘さん(とは言っても現在4人のオコチャマのお母さんです・笑)が娘の通う幼稚園のお母さんたちと一緒に『貴田乃瀬』に来てくれました。幼稚園でいろいろな役についているお母さんたちの集まりで『1年間ご苦労さま会』なんだそうです(笑)。で、お土産をいただきました。もちろん『私』の大好物『豊月堂自慢の柏餅』以下お饅頭などなど!!。『年末の週末』を乗り切り(まだ来週も再来週もあるんですけど)一息入れながら、おかみさんとほぼ完食させてもらいました(笑)。晩ごはん食べられそうにもありません・・寝る前に甘いものを食べて許してもらえる年齢じゃないんですけどねぇ(反省します)。

      あまり商売気の無い『商売』をしている『豊月堂』です(笑)。作ったお饅頭や『柏餅』が売切れればそれで1日が終わり!!。それがお昼の12時であっても午後の5時であっても。売り切れごめんのお店です。是非、一度足を運んでみてください・・だましませんが、だまされたと思って(笑)。

      富永醸造の金山時・浜納豆。

      0


        たぶん・・ここいらあたりでは一番美味しいと思われる金山時(笑)。

        『貴田乃瀬』の刺身用の醤油を造ってくれているのは、いまさらではありますが『私』の友人(もの心って言うやつがついた時には隣にいましたからねぇ・・ずいぶんと長い付き合いです・笑)で浜北の『富永醸造』さんです。静岡県の第四回醤油品評会で最優秀賞を取ったこともある『自慢』の醤油です。この『富永醸造』が『私』の味の基本(ベース)になっているんです(笑)。

        さて、この『富永醸造』さんでは、もう一つ『貴田乃瀬』に大事なものを作っています。金山時(正確には金山時味噌と言います)です。料理にも・おつまみにも・お土産にも・・大活躍の金山時です。広島で飲食店を開いている『無櫓火くん』や、このブログでもお馴染みの飛騨高山で日本料理を作るロシア人『ダイコフ』のお店(パスカル清見と言うホテルで働いています)でもメニューに組み込まれて活躍しています。一度食べて頂ければその『美味しさ』を分かって頂けると思います。あくまでも個人的な感想ですが(なんと言っても友達の作っているものですから・・思い入れが・・)『私』的には、このあたりで『富永醸造の金山時』より美味しい金山時を食べたことは・・まだありません。(かなりヨイショしてるか・笑)

        さらに、もう一つ『浜納豆』があります(爆笑)。12月には言ってから・・寒くならないと出来ないんですが、この『浜納豆』がまた凄い!!。今までお客様に勧めて(決して無理やりじゃあないですよ・笑)リターンがなかったことがない(日本語は難しい!!)。これも浜松では多分(私個人的には)一番美味しいものだと思っています。・・いや・・『私』だけがそう思っているんじゃないんですよ(笑)。『富永醸造』さんは遠鉄百貨店の地下・・食料品売り場にもコーナーを持っています(小さいですけど)。そこでの評判も大変なものです(何がって、評判がいいってことですよ)。

        今日・・なぜこんな書き込みになっているかって言うと『富永醸造』さん(友人の富永君から)から『貴田乃瀬』に家族で食事に行こうと思っているとメールが来たんですねぇ。『貴田乃瀬』開店以来16年・・富永君個人では数回飲みにきたことがありますが(数回・・か?)家族となると初めての出来事なんです。今、育ち盛り食べ盛りの男の子と女の子がいますから・・こりゃぁ少しブログで宣伝して(爆笑)儲けてもらってからでないとなぁ・・・・と・長い付き合いの『私』はひとり心配をしているしだいです(大爆笑)。・・まぁ、冗談だと思って本気で読んでください(笑)。自分の周りにある美味しいものを少しづつ紹介して行こうと言う書き込みの第一弾と言う事もあるんですけどね。是非、一度お試しください。


        infomation
        旬肴地酒 貴田乃瀬
        静岡県浜松市田町231-1
        電話:053-455-2832
        定休日:日曜と月〜木の祝日

        calendar
            123
        45678910
        11121314151617
        18192021222324
        252627282930 
        << November 2018 >>
        selected entries
        categories
        archives
        recent comment
        links


        雑誌にご紹介いただきました。

        『一個人』2008年11月号
        一個人

        『一個人』2009年10月号増刊

        太田和彦さんに取材していただきました。

        『居酒屋味酒覧 第2版 精選173』
        居酒屋味酒覧 第2版 精選173

        『居酒屋味酒覧 精選172』
        太田和彦の居酒屋味酒覧 精選172

        『東海道 居酒屋膝栗毛』
        東海道 居酒屋膝栗毛

        『居酒屋紀行5南日本篇』
        ニッポン居酒屋紀行5南日本篇

        『日本百名居酒屋第四巻』

        百世瑛衣乎さんに取材していただきました。

        『ブログ成功バイブル』
        超カンタン! 最強メディア ブログ成功バイブル

        居酒屋百名山
        profile
        search this site.
        others
        mobile
        qrcode
        powered
        無料ブログ作成サービス JUGEM