チーズには手を出すな。

0
     

    チーズに詳しいお客様がお店にいらっしゃったので、いろいろとお話しをお聞きしました。

     

    おかみさんが一生懸命に『ワイン』の勉強をしているのだから、お店のメニューも多少は『ワイン』に合うようなものを作ろうと努力をしています。その中のひとつに『チーズ』を使った料理がいくつかあります。これが曲者()ひねったり引っ張ったりしても『チーズ』はその主張を変えることをしません。『チーズはチーズ』なのです。

     

    しかし・・そこを何とか()。こんな壁にぶつかったときにはその道のプロのお話をお聞きするのが一番なのですね。で・・こと『チーズ』に関しては『プロ』と呼べるお客様にお話を聞いてみたのです。『美味しいチーズって何でしょうか?』と『超』の字がつく馬鹿げた質問をぶつけてみると。

     

    『まず、肩の力を抜いて、とにかく美味しいと言われているチーズをたくさん食べてみることですよ!!』

    『いろいろなチーズを食べてみないことには比較も出来ませんからね・そしてチーズの味や個性を覚えたら、そこから自分の好みを選び出して、また自分なりの楽しみ方も探してみてください』・・と。

     

    難しいじゃないですか()。いろいろな種類のチーズを試してみると言っても、すでに熟成が進み続けるナチュラルチーズは正直苦手な部分がありますし()。・・これは『私』だけではなく、日本人最後の砦なのかもしれません。これがクリアできれば日本人も立派なフランス人になれるのかも(爆笑)!!。

     

    冗談はさておき『ワイン』ブームにのって『チーズ』も一緒に日の目を見たようですが『私』と同じように『ナチュラル系』だけは苦手だ!!とおっしゃる方が多いのではないでしょうか()。『チーズ』を知るためには、まずここをクリアしなくてはいけない訳ですね・・辛いかも()

     

    『ナチュラル系』全般が苦手と言う訳ではないのです。『アオカビ系』の『チーズ』は意外と好きな方だと思います。『山羊・羊乳系』の『チーズ』も何とかいけると思います・・『好きだ』と思うものもありますから・・それじゃぁ何も問題がないじゃないか!!と思われるかもしれませんが()『ウオッシュ系』がどうも苦手なようです(自分的に)

     

    熟成が進んできたときの・・あの独特の香りがどうも苦手な気がします。食べて食べられない訳ではありませんが・・食べたいとは思わない()のです。他にも『白カビ形』などもクリアしていかなくてはいけないでしょう・・。この年から『チーズ』を食べ始めて『私』の体は、まだ成長するのでしょうか()

     

    あれも、これも、それも・・やることがいっぱいの『私』()『チーズ』を乗り越えるのはいったいつになるのでしょうか()でも、面白そうです。

    infomation
    旬肴地酒 貴田乃瀬
    静岡県浜松市田町231-1
    電話:053-455-2832
    定休日:日曜と月〜木の祝日

    calendar
    1234567
    891011121314
    15161718192021
    22232425262728
    293031    
    << July 2018 >>
    selected entries
    categories
    archives
    recent comment
    links


    雑誌にご紹介いただきました。

    『一個人』2008年11月号
    一個人

    『一個人』2009年10月号増刊

    太田和彦さんに取材していただきました。

    『居酒屋味酒覧 第2版 精選173』
    居酒屋味酒覧 第2版 精選173

    『居酒屋味酒覧 精選172』
    太田和彦の居酒屋味酒覧 精選172

    『東海道 居酒屋膝栗毛』
    東海道 居酒屋膝栗毛

    『居酒屋紀行5南日本篇』
    ニッポン居酒屋紀行5南日本篇

    『日本百名居酒屋第四巻』

    百世瑛衣乎さんに取材していただきました。

    『ブログ成功バイブル』
    超カンタン! 最強メディア ブログ成功バイブル

    居酒屋百名山
    profile
    search this site.
    others
    mobile
    qrcode
    powered
    無料ブログ作成サービス JUGEM