<< 素麺の話しを。 | main | 今日は稲庭素麺を頂く。 >>

三輪素麺を頂く。

0
     

    素麺の話を続けようかと思います()

     

    北から南まで、全国にはいろいろな素麺の産地がありますが、ところが変われば素麺も変わる()

    太い素麺やら長い素麺それぞれにうまさに個性があります。そんな素麺をいくつか紹介してみます。

     

    で・・今日は、ポピュラーな素麺からと言うことで『三輪素麺』から。

    奈良県の素麺です。三輪は、日本における素麺作りの最古の歴史を持つと言われている産地です。小規模ながら企業化された素麺メーカーがいくつかあり、早くから各社が独自のブランドで売り出しているのが特徴です。

     

    当然のことながら、歴史のあるメーカーも多く、なかでも『三輪素麺山本』は享保2(1717)創業と言う老舗ですが、現代に合わせた積極的な商品開発も行っています。個人的なお勧めは『白竜』ほかの産地よりも細い素麺が多い『三輪素麺』の中にあって、さらに細く作られた『手延べ素麺』です。

     

    一見すると、やや物足りないのではないかしら・・と思えるほど繊細ではかなげな姿の素麺ですが、口の中で確かに主張する『コシ』伴う咽越しには、必ず驚きます!!『私』は驚きまし他(爆笑)

     

    ジックリと蔵で寝かせた『大古物(おおひねもの)3年もの』なので、ほかの麺類にはない素麺ならではの枯れた味わいを満喫できます。まぁ・・ただ古ければ良いってものじゃないところが素麺の難しいところですけど()

     

    普段食べるには風角『三輪素麺』で十分ですが、ご馳走としての素麺として、この『白竜』はお勧めです。『私』は、素麺は細ければ細いほうが好き()なのです。だって、素麺より細い麺類ってないと思いますが?どうでしょうか。せっかく素麺を食べるのですから、出来るだけ細いものを!!ってことで()

     

    ちょっと探せばどこでも目に付くはずの『三輪素麺』・・目に付きすぎてたいした素麺じゃないと思っているかもしれませんが()そんなことはありませんよ。

     

    夏には、冷たくした『煮素麺』も意外と好きです。なぜか全国的に、素麺は茄子と一緒に料理されることが不思議と多いと思います。なすと一緒にした『煮素麺』・・出来立てを熱々で頂くのも好きですが、残った『煮素麺』を冷蔵庫で冷たく冷やしてから頂くのも、品がなくなりますが()かなり好きです。品よく食べても、品がなくなってから食べても()素麺は美味い!!んです。


    コメント
    ボク、冷静パスタみたいに、トマト、キュウリ、ナス、シーチキン、セロリ・・・なんか入れて食べるのも好きです〜(^u^)
    • aera
    • 2011/06/23 11:36 AM
    コメントする









    infomation
    旬肴地酒 貴田乃瀬
    静岡県浜松市田町231-1
    電話:053-455-2832
    定休日:日曜と月〜木の祝日

    calendar
    1234567
    891011121314
    15161718192021
    22232425262728
    2930     
    << April 2018 >>
    selected entries
    categories
    archives
    recent comment
    recommend
    links


    雑誌にご紹介いただきました。

    『一個人』2008年11月号
    一個人

    『一個人』2009年10月号増刊

    太田和彦さんに取材していただきました。

    『居酒屋味酒覧 第2版 精選173』
    居酒屋味酒覧 第2版 精選173

    『居酒屋味酒覧 精選172』
    太田和彦の居酒屋味酒覧 精選172

    『東海道 居酒屋膝栗毛』
    東海道 居酒屋膝栗毛

    『居酒屋紀行5南日本篇』
    ニッポン居酒屋紀行5南日本篇

    『日本百名居酒屋第四巻』

    百世瑛衣乎さんに取材していただきました。

    『ブログ成功バイブル』
    超カンタン! 最強メディア ブログ成功バイブル

    居酒屋百名山
    profile
    search this site.
    others
    mobile
    qrcode
    powered
    無料ブログ作成サービス JUGEM