<< 寺田葡萄酒会の続き。 | main | 今日は暇だった(大笑い)。 >>

寺田葡萄酒会の特製鍋について。

0

     さぁて(笑)今日は『寺田葡萄酒会』の時に作った『特製鍋』について書いてみましょう。



    もちろん、料理はほかにもあるのですが、当日は『ワインに合うような鍋料理を!!』と言う注文がありましたので、おかみさんに相談しながら『赤ワイン』に合わせることが出来る(もちろん寺田君が当日のためにしたくしたワインに合わせました)『鍋』を考えました。



    とは言っても、洋風にまとめてしまえば簡単なわけでして(笑)あくまでも・・見た目も味わいも『和食』で仕上がっている『鍋』を作ってみたかったのです。



    候補はいくつかあるのです。ワインに合わせる訳ですから、いろんなワインを想定していくつかの『鍋料理』は試作してあります(笑)。当日は、その中から動かしやすい(笑・・その場で味わいの調節ができると言う意味でね)ものを選び、さらに・・今『貴田乃瀬』で使っている『鯖団子鍋』を連想させるものを選んでみました。



    『鯛のカマ鍋』!!!!!です(笑)。



    濃い鰹出汁(これは本当に濃い鰹出汁を作ります・・味が濁らないように濃い鰹出汁を取るのは結構難しいんですよ)。醤油が入っているような色になりますが、ほとんどがたっぷりと入れた鰹節から出た色です(笑)。



    鯛のカマはきれいに下処理をして、軽く湯通しをしておきます。鍋に出汁をはり沸騰させたらその中に鯛のカマを入れます。ここで大事なのは『鯖団の鍋』のように『超』の字がつくくらいにたっぷりと『山椒の粉』を入れるんです。



    さらに今回は『寺田君が選んだワイン』の事を考えて『バター』もたっぷりと落とします。ちょっと想像できない味わいですねぇ(笑)山椒とバターですからねぇ(笑)。



    でも、評判は上々どころか大好評!!『こりゃぁ美味しい』の嵐(自分で書くのは恥ずかしいなぁ)。



    ワインともバッチリの相性でした。



    随分と昔『鯖団子鍋』を作る時に一緒に考えた『鯛カマ鍋』ですが、実際にお客様の手元に料理として出すことを考えると・・『鯖団子鍋』の方がインパクトもあるし・・何より『鯖』の方が恒久的に手に入るものですから・・・特別なお客様とか・・御呼ばれしたときとか(笑)今回のように『何か考えて!!』と言われた時用(笑)にしてあります。



    まだ、洋風な感じの鍋など考えてあるものはいくつかあるのですが、それはまた次回のワイン会に取っておきましょう(笑)。



    ところで、おかみさんのワイン会ですが、どうやら3月の頭の金曜日と土曜日になりそうです。ただ、人数が集まらなかければ金曜日だけになってしまいます(笑)。取りあえず3月頭の週末で調整をしていますので、あとちょっとだけお待ちください。


    コメント
    コメントする









    infomation
    旬肴地酒 貴田乃瀬
    静岡県浜松市田町231-1
    電話:053-455-2832
    定休日:日曜と月〜木の祝日

    calendar
     123456
    78910111213
    14151617181920
    21222324252627
    28293031   
    << October 2018 >>
    selected entries
    categories
    archives
    recent comment
    links


    雑誌にご紹介いただきました。

    『一個人』2008年11月号
    一個人

    『一個人』2009年10月号増刊

    太田和彦さんに取材していただきました。

    『居酒屋味酒覧 第2版 精選173』
    居酒屋味酒覧 第2版 精選173

    『居酒屋味酒覧 精選172』
    太田和彦の居酒屋味酒覧 精選172

    『東海道 居酒屋膝栗毛』
    東海道 居酒屋膝栗毛

    『居酒屋紀行5南日本篇』
    ニッポン居酒屋紀行5南日本篇

    『日本百名居酒屋第四巻』

    百世瑛衣乎さんに取材していただきました。

    『ブログ成功バイブル』
    超カンタン! 最強メディア ブログ成功バイブル

    居酒屋百名山
    profile
    search this site.
    others
    mobile
    qrcode
    powered
    無料ブログ作成サービス JUGEM