<< 『志太泉酒造』さんへ | main | 志太泉さんの続きの続き(笑)。 >>

『志太泉酒造』さんへの続き。

0

    さて・・続きです。

     

     

    2班に分かれて蔵見学を始める前に、蔵の中庭的なところで洗米・浸漬の真っ最中でした。普段お酒の事を偉そうに(笑)語っている『私』ですが、こんな風に作業をまじかで見るのは初めてでした(笑)。

     

     

    蔵で働く人たちがこの寒空の中で井戸水で洗米機を使ってコメをどんどんと洗っていきます…案の定皆さん手が真っ赤・・感心します。

     

     

    で、ここで蔵元の説明を聞きながらA班から蔵の中に入って・・いよいよ蔵見学の始まりです。A班は蔵の杜氏さんが説明役を引き受けてくれています。

     

     

    『私』はB班(笑)・・蔵元(社長)が説明役(ガイドさんですね)です。A班が蔵に入っている間に、近場の普段は杜氏さんや蔵人たちが休憩する場所に使っていると言う小さな部屋にお邪魔しました。

     

     

    理科の実験室のようでした(笑)。『アルコール度数はこうやって計るんです』なんて器具を示しながら説明してくれましたが・・落ち着きのない子供のような『私』は、あっちをキョロキョロ・・こっちもキョロキョロで社長の説明が耳に入りませんでした(爆笑)・・まぁ、まったく聞いていなかったわけではなくって(笑)ちょっと肝心なところだけ聞き逃したってだけです(笑)。

     

     

    しばらくするとA班は試飲を始めたらしく(大爆笑・・もう飲んでるのか・・・)B班の『私』達が蔵の中へ入ることになりました。『貴田乃瀬』のホープは社長の真横にしっかりと場所を確保しています(笑)。

     

     

    初めて酒蔵に入る方もいらっしゃるでしょう。『私』は、それなりにいろいろな蔵元の蔵見学に参加してますから(笑)何がどうなってるくらいの頃は分かっているつもりでしたが・・いやぁ・・ビックリ(笑)。

     

     

    自分のざっくりとした知識と社長の親切丁寧な分かりやすい説明とのギャップが大きすぎて・・反省しました・・本当に分かっているつもりでいたことに反省です。まさに一つ一つの説明が驚きの連続!!・・・・日本酒に携わってもう何十年にもなるのに・・・偉そう言ってました(笑)反省して勉強します。

     

     

    蔵の中の事の『かたやま酒店』さんのブログにしっかりとたくさん写真が載っています(笑)・・・・自分で撮った写真を張り付けろ!!って声が聞こえていますが・・この時間からやるのは・・面倒くさいので(大笑い)勘弁してもらって(笑)。

    A班の試飲が終わり『私』達B班の試飲タイムです。

     

    さて、この続きはまた明日。


    コメント
    コメントする









    infomation
    旬肴地酒 貴田乃瀬
    静岡県浜松市田町231-1
    電話:053-455-2832
    定休日:日曜と月〜木の祝日

    calendar
     123456
    78910111213
    14151617181920
    21222324252627
    28293031   
    << May 2017 >>
    selected entries
    categories
    archives
    recent comment
    recommend
    links


    雑誌にご紹介いただきました。

    『一個人』2008年11月号
    一個人

    『一個人』2009年10月号増刊

    太田和彦さんに取材していただきました。

    『居酒屋味酒覧 第2版 精選173』
    居酒屋味酒覧 第2版 精選173

    『居酒屋味酒覧 精選172』
    太田和彦の居酒屋味酒覧 精選172

    『東海道 居酒屋膝栗毛』
    東海道 居酒屋膝栗毛

    『居酒屋紀行5南日本篇』
    ニッポン居酒屋紀行5南日本篇

    『日本百名居酒屋第四巻』

    百世瑛衣乎さんに取材していただきました。

    『ブログ成功バイブル』
    超カンタン! 最強メディア ブログ成功バイブル

    居酒屋百名山
    profile
    search this site.
    others
    mobile
    qrcode
    powered
    無料ブログ作成サービス JUGEM