<< かずやくんは自転車が好きだ。 | main | ツツジ。 >>

ラジオが。

0

    修行中の頃、まだ小僧さんで働いていたころ厨房にラジオがかかっていた。時計を見るよりも耳で聞くラジオの番組が時計代わりになってた。

     

     

    ラジオから好きな音楽流れたり、気になるニュースが流れたりして聞き耳を立てていると親方に『手が止まってるぞ!!』って怒られたっけ。どうしてほんの少し手が止まった事が分かるのか不思議で仕方がなかった(笑)。

     

     

    野麦峠の女工さんのように手を休めることなく一日中働いたっけ(笑)。

     

     

    自分で店を開いて深夜仕込みをするようになってからやっぱりラジオは時計代わりのお友達になった(笑)。どこかで人の声がするって言うのはいい・・。何となく人の話し声を聞いている・・別に意味を理解しようとかじゃなくって、何となくって言うのがいい。

     

     

    それでも、あまり聞きたくない、耳に入れたくないって言う内容が続いたりするとYouTubeでお気に入りの音楽を流し聴き。

    カウンターの前のまな板で仕込みをするときには『落語』とか『講談』とか『朗読』すべて自自のたしなみだが(笑)話す内容が理解できるものがいい。

     

     

    まな板の前を離れて厨房に行ったりするときには『音楽』が一番だ。

     

     

    意外と何でも来いって感じで聞いているので特別な『これっ』って言うのがないのがいいところ。

    ジャズでもユーミンでもなんでもこい!!。

     

     

    久しぶりにユーミンを聞いていた。気が付くと『手』が止まって聞き入っていた。

     

     

    自分以外に誰もいない深夜の厨房だけど頭の隅っこの方で親方が『手が止まってるぞ!!』って怒ってる声が聞こえた(笑)。

     

     

    深夜の厨房で一人で笑った・・・たまにはいいかも。

     


    コメント
    コメントする









    infomation
    旬肴地酒 貴田乃瀬
    静岡県浜松市田町231-1
    電話:053-455-2832
    定休日:日曜と月〜木の祝日

    calendar
          1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    3031     
    << December 2018 >>
    selected entries
    categories
    archives
    recent comment
    links


    雑誌にご紹介いただきました。

    『一個人』2008年11月号
    一個人

    『一個人』2009年10月号増刊

    太田和彦さんに取材していただきました。

    『居酒屋味酒覧 第2版 精選173』
    居酒屋味酒覧 第2版 精選173

    『居酒屋味酒覧 精選172』
    太田和彦の居酒屋味酒覧 精選172

    『東海道 居酒屋膝栗毛』
    東海道 居酒屋膝栗毛

    『居酒屋紀行5南日本篇』
    ニッポン居酒屋紀行5南日本篇

    『日本百名居酒屋第四巻』

    百世瑛衣乎さんに取材していただきました。

    『ブログ成功バイブル』
    超カンタン! 最強メディア ブログ成功バイブル

    居酒屋百名山
    profile
    search this site.
    others
    mobile
    qrcode
    powered
    無料ブログ作成サービス JUGEM