<< ツツジ。 | main | 流行に流されないのだ。 >>

魂を売った男・・らしい。

0

    ワインに魂を売った男だと言われている。

     

     

    日本酒を捨てたとか(笑)言われている。捨ててもいないし忘れてもいない・・日々日本酒をお客様に提供して、料理と日本酒のマリアージュを楽しんで頂いている・・つもりだ(笑)。

     

     

    店を開いて28年目・・ほぼ最初から『酒類』のメニューを置かないで、おかみさんと二人、お客様に話しかけながら其の時の料理に合った日本酒を進めてきた・・つもりだ(笑)。

     

     

    その『私』に向かって、おかみさんがシニアソムリエになりワインばっかり飲むようになったらワインが好きになってしまって・・あげくワイン向けの料理をたくさんメニューに載せるようになり・・さらにはワイン好きを公言するようになった(笑)あの『男は日本酒を捨てたんだ!!なにがマリアージュだぁ』と・・。

     

     

    と・・『私』の事を悪く言う人がいる(大笑い)。

     

     

    『私』は少しも気にしないし気にならない・・ちっともだ(笑)。

     

     

    ワインが好きだ(笑)。

     

     

    言い訳もしたくないけれど、歳を取るとビールで酔うには『量』が問題だ。ビールで酔っぱらうまで飲むと体が『むくむ』・・トイレも近くなる・・夜中に何度も起きないといけない。

     

     

    日本酒とワインを同じ量呑んでも、ほんの少しだけワインのアルコール度数が弱いせいかワインの方が体が楽だ。次の日も楽な気がする。

     

     

    魂を売るには売るなりの理由があるのだ。『私』は爺だ!!!『日本酒』がこたえるようになったのだ・・次の日が大変になったのだ・・仕事は山のようにあるのに・・ダ(笑)。

     

     

    人を悪く言うのなら同じだけ歳をとってからだ。相変わらず日本酒を愛している『私』の心の奥まで見抜いてからにしてもらいたい(笑)。・・・と、心の中で強く思うのだ(笑)。


    コメント
    コメントする









    infomation
    旬肴地酒 貴田乃瀬
    静岡県浜松市田町231-1
    電話:053-455-2832
    定休日:日曜と月〜木の祝日

    calendar
     123456
    78910111213
    14151617181920
    21222324252627
    28293031   
    << October 2018 >>
    selected entries
    categories
    archives
    recent comment
    links


    雑誌にご紹介いただきました。

    『一個人』2008年11月号
    一個人

    『一個人』2009年10月号増刊

    太田和彦さんに取材していただきました。

    『居酒屋味酒覧 第2版 精選173』
    居酒屋味酒覧 第2版 精選173

    『居酒屋味酒覧 精選172』
    太田和彦の居酒屋味酒覧 精選172

    『東海道 居酒屋膝栗毛』
    東海道 居酒屋膝栗毛

    『居酒屋紀行5南日本篇』
    ニッポン居酒屋紀行5南日本篇

    『日本百名居酒屋第四巻』

    百世瑛衣乎さんに取材していただきました。

    『ブログ成功バイブル』
    超カンタン! 最強メディア ブログ成功バイブル

    居酒屋百名山
    profile
    search this site.
    others
    mobile
    qrcode
    powered
    無料ブログ作成サービス JUGEM