<< ワイン会の料理のご紹介。 | main | 何とかひと段落。 >>

ワイン会の続き。ワインの紹介。

0

    さて・・『ワイン会』の『ワイン』の紹介。

     

     

    今回のワインはおかみさんが考えに考え、選びに選んだワイン達だ。いつもならさらっと決めてくれるおかみさんが、本当にぎりぎりまで考えていたものだから、料理もぎりぎりまで決まらずに『ワイン会』の前夜に手直しがあり(ワインとの相性がどうも・・思うようなものではなかったらしい‥てか、前の日に言うなぁって・笑)徹夜で料理の味付けをし直した(笑)。

     

     

    で・・当日のワイン。

     



              第9回    貴田乃瀬ワイン会           H30 6/15、16

       
                   初夏に向けて軽やかなワインとお料理


     .凜トー・アルベルティ               
       ヴァン・ムスー ブランド・ド・ブラン メトード・トラディショナル 

    産地  フランス ブルゴーニュ地方                         
    品種 アリゴテ 50% (ブルゴーニュ産)
          シュナンブラン 50% (ロワール産)
          ミュスカデ   
     
    ブルゴーニュ・コート・シャロネーズ地区リュリに本拠地を構え、クレマン・ド・ブルゴーニュを専門に生産しており、10haの自社畑を所有し、自社ブドウと買取ブドウが半々です。「ラムローワーズ」「ベルナール」「ロワゾー」など三つ星レストランでオンリストされています。

    口当たりは柔らかく滑らかで、熟したリンゴの果実やはちみつを思わせる旨味とアミノ酸の旨味が広がり、ふくよかで膨らみのある高品質なヴァン・ムスーです。


    ◆.疋瓠璽漫.侫リップ・シャルロパン・パリゾ シャブリ 2013
      
    産地 フランス シャブリ地方
    品種 シャルドネ

    ブルゴーニュの神様 アンリ・ジャイエからワイン造りのアドバイスを聞きながら
    手を抜かず真面目に取り組んできました。
    1976年 フィリップが22歳の時に父から受け継いだ1.8haの畑を少しずつ買い足していき、今は25haもの畑を所有するようになりました。2007年にはシャブリをリリースし手がけるアペラシオンは35にも及びます。
    ブドウは除草剤や化学肥料を用いないリュットレゾネを採用し、極力自然の力を邪魔しないようにかつ、樹が自力で低収量で凝縮感のある果実を産するようにしてつくられてます。

    アプリコットや白桃の果実香、柑橘系のきれいな酸とミネラル感が爽やかさとシャープな骨格をつくっています。




     ヴィラ・エルビーチェ ソアーヴェ スペリオーレ ジンゴロ ヴィネート 2016

    産地 イタリア ウェネト州 DOCG ソアーヴェ・スペリオーレ
    品種 ガルガネーガ

    1870年にワインの生産を開始し常に自分のブドウ園から造る優れた品質のワインを生産し始めました。標高200〜250メートルの自社単一畑は石ころだらけの石灰質土壌です。すべての工程は手作業で行われ、スタイルとして長い熟成に耐えるワインを造っています。

    色は濃いイエロー、完熟しリンゴやマーマレード、スウィートアーモンドの香り、ほのかにバニラやハチミツの香りを感じます。口当たりは滑らかな中にしっかりとしたボディがあります。


    ぁ.▲ツェンテ  ドルンフェルダー 2015 モーゼルランド

    産地 ドイツ モーゼル地方  
    品種 ドルンフェルダー

    モーゼルランドはドイツ最大の葡萄栽培生産者共同組合です。
    モーゼル・ナーエ・ラインヘッセン・ファルツ地方のブドウ栽培農家が加盟しそれぞれの地域で醸造施設をいくつも設け丹精込めたワイン造りを行う生産者として信頼を集めています。

    木イチゴのアロマがありチャーミングで優しい果実味、タンニン控えめでフレッシュな赤ワインです。



    ァ.肇ゥ襯離鵝.泪船襯澄2014 M・シャプティエ

    産地 オーストラリア ビクトリア州  
    品種 シラーズ

    ミッシェル・シャプティエはフランス、ローヌ地方 エルミタージュを拠点とし
    ローヌ地方を代表する銘醸ワインを造り続けている生産者です。
    1979年よりオーストラリアでワイン造りを始め2007年にトゥルノン・エステート
    を立ち上げました。
     
    鮮やかな深みのあるルビー色で、カシスやブラックベリーとペッパーのアロマ
    があり、しなやかな口当たりでフレッシュな果実味を芳醇な味わいで滑らかな
    タンニンを持つ、北ローヌを連想させるエレガントなワインです。

    ※マチルダはシャプティエの娘の名前



    Α.蕁Ε侫襦璽襦Ε撻ぅ薀椒鵝2006

    産地 フランス ボルドー地方 ポイヤック村  ブルジョア級
    品種 カベルネ・ソービニヨン67% メルロー26% プティ・ウェルド7%

    1998年に大手ネゴシアンのミレジム社が200万ユーロもの巨額の設備投資を行い、品質と評価も急上し向上し注目を浴びています。
    醸造のコンサルタントはラトゥール、ラフィット、マルゴーなどの格付け第一級シャトーを筆頭に数々の有名シャトーを手掛けるエリック・ボアスノ氏です。
    ブドウはすべて手摘みでカベルネソービニヨンの比率を高くし、オーク樽(新樽比率50%)でたっぷりと14カ月の熟成をし長期熟成タイプのワインを造っています。

    ややオレンジがかったガーネット色で、ブラックベリーやプルーンの果実やドライフルーツ、スパイシーなオーク、エスプレッソ、カカオ、なめし皮など複雑な 香りがあります。味わいは滑らかでタンニンは程よく十分にありますが上品に余韻が続きます。

     


     
    А.轡礇函次.蕁Ε襦璽凜エール ブラン 1997

    産地 フランス ボルドー地方 ぺサックレオニャン地区
    品種 ソービニヨン・ブラン セミヨン

    フランス ボルドー地方 ぺサックレオニャン地区に拠点を構える700年以上の歴史を持つシャトーです。1965年にアントン・リュルトンがオーナーになり、シャトーを復興。ロバート・パーカーよりも優れたワインを生み出していると絶賛されています。
     
    20年を経て色合いは黄金色、オレンジピールやドライフラワー、香ばしい木の実の  香りなど複雑で、口当たりは柔らかく、蜜やバニラのような印象が余韻として続く 
    熟成感を楽しめる白ワインです。

     

     

     

    文章はおかみさんが書いているので、いつもの『私』の文章とは違う感じがするのはご愛嬌という事で(笑)。

     

     

    『私』はおかみさんが選ぶワインのフアンなので何一つ文句がないのだが、お客様的にはどうだったろうか?。すべてがぴたりと合っている訳ではないと思う。ただ、料理との相性を考えてマリアージュとまではいかないにしても、かなりなところまで引っ張ってこれたと自画自賛だけはしている。

     

     

    前日の料理の番号と、今日のワインの番号を合わせて見比べて・・『ああっ、この料理にはこのワインだったのか・・』と見て頂きたい(笑)。

     

     

    一緒に並べて書けば一度で済んでしまうのだが、せめて二日分くらいのネタにしたいのでこんな書き方に。

     

     

    とにかく『ワイン会』は終わった。次は10月頃だそうだが、次回はもっと早めにワインを決めてもらって(笑)料理もさらにグレードを上げたもので勝負をしたい。お客様が『貴田乃瀬ワイン会に出ると他のワイン会には行けなくなるなぁ・・』って言うくらいに・・頑張りたい(笑)『私』だけが頑張っても仕方のないことだけど。

     

     

    お疲れさま。


    コメント
    コメントする









    infomation
    旬肴地酒 貴田乃瀬
    静岡県浜松市田町231-1
    電話:053-455-2832
    定休日:日曜と月〜木の祝日

    calendar
          1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    3031     
    << December 2018 >>
    selected entries
    categories
    archives
    recent comment
    links


    雑誌にご紹介いただきました。

    『一個人』2008年11月号
    一個人

    『一個人』2009年10月号増刊

    太田和彦さんに取材していただきました。

    『居酒屋味酒覧 第2版 精選173』
    居酒屋味酒覧 第2版 精選173

    『居酒屋味酒覧 精選172』
    太田和彦の居酒屋味酒覧 精選172

    『東海道 居酒屋膝栗毛』
    東海道 居酒屋膝栗毛

    『居酒屋紀行5南日本篇』
    ニッポン居酒屋紀行5南日本篇

    『日本百名居酒屋第四巻』

    百世瑛衣乎さんに取材していただきました。

    『ブログ成功バイブル』
    超カンタン! 最強メディア ブログ成功バイブル

    居酒屋百名山
    profile
    search this site.
    others
    mobile
    qrcode
    powered
    無料ブログ作成サービス JUGEM