<< 感謝の気持ち。 | main | 寝ていられない(笑)。連休だ。 >>

鮎子と巻き海老。

0

    平日なのに忙しく働かせてもらったような一日だった。一応満席(笑)。

     

     

    『満席』と書くと『超』忙しかったかのように見えるけど、テーブル一つとお座敷の一つはお二人のお客様だった。つまり4人(笑)。一応すべての席が埋まっていると言う『満席』で『超』が付くほどは忙しくなかったのだ。

     

     

    それでも、お客様は『すごいねぇ、平日から満席だよ』って・・一応ほめてくれる(笑)。

    注文がバラバラなので忙しく働いたような気がする。あっちに走りこっちに回り(笑)まぁ、コース料理の注文がないって言うのはこんなものか(笑)。

     

     

    『鮎子のフリッター』と『浜名湖の巻き海老のから揚げ』がよく出る。せっかく仕込んである『黒コロッケ』はほとんど注文がない(トホホ)。時期ものだから仕方がないか・・。

     

     

    『鮎子のフリッター』はお客様から『親方、鮎子は天婦羅かフライじゃないの?』と言われるが『私』は、断然フリッターが美味しいと思うのでメニューに上げている(笑)。

     

     

    これほどのサクサク感は天婦羅では無理だしフライでもちょと足りないと思う。塩と胡椒だけでこれほど『鮎子』の味が引き出せる料理はないと思うのだが。

     

     

    もちろん天婦羅もフライも『私』は好きだ(笑)ただ・・今年の『鮎子』はフリッターで押し通してみたい(笑)。もっと大きめのアユになると『フライ』が美味しいと思う。大根おろしに醤油をかけたもので『鮎子のフライ』を食べるのが『私』は大好きだ。

    タルタルソースとかではなく『大根おろしに醤油』が一番美味しい・・と思う(笑)。

     

     

    もう少し『鮎子』が大きくなったらメニューを書き換えて『フライ』にしてみるか(笑)。


    コメント
    コメントする









    infomation
    旬肴地酒 貴田乃瀬
    静岡県浜松市田町231-1
    電話:053-455-2832
    定休日:日曜と月〜木の祝日

    calendar
        123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    252627282930 
    << November 2018 >>
    selected entries
    categories
    archives
    recent comment
    links


    雑誌にご紹介いただきました。

    『一個人』2008年11月号
    一個人

    『一個人』2009年10月号増刊

    太田和彦さんに取材していただきました。

    『居酒屋味酒覧 第2版 精選173』
    居酒屋味酒覧 第2版 精選173

    『居酒屋味酒覧 精選172』
    太田和彦の居酒屋味酒覧 精選172

    『東海道 居酒屋膝栗毛』
    東海道 居酒屋膝栗毛

    『居酒屋紀行5南日本篇』
    ニッポン居酒屋紀行5南日本篇

    『日本百名居酒屋第四巻』

    百世瑛衣乎さんに取材していただきました。

    『ブログ成功バイブル』
    超カンタン! 最強メディア ブログ成功バイブル

    居酒屋百名山
    profile
    search this site.
    others
    mobile
    qrcode
    powered
    無料ブログ作成サービス JUGEM