<< 体で覚えるタイプ。 | main | ひやおろしを入れてみた >>

新しい煮物。

0

    新しい煮物。

     

     

    メニューには『今月の煮物』と書いてある。

     

     

    車麩と高野豆腐・粟麩・乾燥椎茸と青身にズッキーニだ。出汁は、長崎産の『焼きあごだし』を鰹出汁と合わせて使ってみた。

    乾物を使った料理はしっかりとしながらも上品に仕上げないと『いけない』と教わった。濃い目の味付けにすると田舎っぽくなってしまい下品な一品になってしまう・・とも教わった(笑)。

     

     

    が・・今回は『焼きあごだし』などなどを濃い目に取った『鰹出汁』と合わせて(もちろん上質の昆布も使ってますが・笑)ギリギリのところで下品にはなっていないように味を付けた・・と自分では思っている(笑)。

     

     

    『冷たい野菜の炊き合わせ』は8月いっぱいで終わりにして9月から、この乾物を使った『新しい煮物・・今月の煮物』を始めた。

    正直『こんな古い料理じゃぁ(乾物を使ったような)あまり受けないだろうなぁ‥』と思っていたのだが、今日の月曜日・・自分が考えていた予想は見事に裏切られた(笑)。

     

     

    『今月の煮物ってどんなのなの??』とお客様に聞かれると、おかみさんが『車麩や高野豆腐、粟麩などをあごだしをベースにした出汁で炊き上げてあります』と言いうと・・『それじゃぁそれを人数分ね!!と言われ、出来上がってきた『煮物』を見た隣のテーブルのお客様が『私たちにものお願いします』と言われて・・気が付いたらほとんどのお客様から注文を頂いていた。

     

     

    早速また仕込まないと(笑)。

     

     

    ありがたいなぁ(笑)。


    コメント
    コメントする









    infomation
    旬肴地酒 貴田乃瀬
    静岡県浜松市田町231-1
    電話:053-455-2832
    定休日:日曜と月〜木の祝日

    calendar
          1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    30      
    << September 2018 >>
    selected entries
    categories
    archives
    recent comment
    links


    雑誌にご紹介いただきました。

    『一個人』2008年11月号
    一個人

    『一個人』2009年10月号増刊

    太田和彦さんに取材していただきました。

    『居酒屋味酒覧 第2版 精選173』
    居酒屋味酒覧 第2版 精選173

    『居酒屋味酒覧 精選172』
    太田和彦の居酒屋味酒覧 精選172

    『東海道 居酒屋膝栗毛』
    東海道 居酒屋膝栗毛

    『居酒屋紀行5南日本篇』
    ニッポン居酒屋紀行5南日本篇

    『日本百名居酒屋第四巻』

    百世瑛衣乎さんに取材していただきました。

    『ブログ成功バイブル』
    超カンタン! 最強メディア ブログ成功バイブル

    居酒屋百名山
    profile
    search this site.
    others
    mobile
    qrcode
    powered
    無料ブログ作成サービス JUGEM