<< ありがとうございました。 | main | フリカケ。 >>

ひまだ。

0

    いやぁ(笑)まだ停電とか完全に復旧していないのか?。正直・・暇だ(笑)。

     

     

    週末の金曜日の予約がほとんど入らない(笑)どうなるんだ『貴田乃瀬』!!。

     

     

    新しいメニューの一つに、出始めたばかりの北海道厚岸の牡蠣を使った『牡蠣の山芋蒸し・蕎麦の実餡』って言うのがあるんだけど、これが評判がいい(笑)。

     

     

    今までは『牡蠣の山芋蒸し』と言うメニューで毎年『牡蠣』のシーズンの始まりのメニューだったけど、今年から『蕎麦の実』を餡にしてひと手間加えてみた。

     

     

    もともと人気のあるメニューだったので、何も加えることなどせずにそのままで十分に通用意すると思ったけど・・と・ある酒の会で『蕎麦の実』を使ったメニューを食べて『これは使える』って言うか、使わないとって思って(笑)さっそく自分のところのメニューにパクってみた(大笑い)。

     

     

    まぁ『牡蠣の山芋蒸し』に使うんだから、パクったとは言えないねぇ(笑)全く違う料理になってるからねぇ。

     

     

    かなり美味しいと言ってもらえているので『私』的には一安心。ただ『牡蠣』は、この後から『牡蠣のミノ揚げ』が待っている(トホホ)。また、山のような芋のスライスを作り、これを細かな千切りにしなくちゃぁいけない時期がやってきた。『鰹の野菜盛り』これから暫くは『白子ポン酢の野菜盛り』または『野菜のつまサラダ』などに使う『野菜のつま』と仕込みが一緒になると・・・地獄だ(笑)。

     

     

    刻んだって刻んだって刻んだって‥‥永遠に終わらない刻み物(打ちもの)の季節がやって来る・・今年は『牡蠣の山芋蒸し』だけで終わりにしようかなぁ。去年も揚げ物は『黒コロッケ』で代用したし(しかし、結局は牡蠣のミノ揚げがないとお客様が納得しないので、毎年のようにミノ揚げを作るのであった)・・結果的には悪あがきになったけど『黒コロッケ』と言う、新しいメニューを手に入れたけど(笑)。

     

     

    どうしようかなぁ‥(笑)。

     

     

    何とかごまかせないかなぁ(笑)。・・・と、思うこの頃(笑)。


    コメント
    コメントする









    infomation
    旬肴地酒 貴田乃瀬
    静岡県浜松市田町231-1
    電話:053-455-2832
    定休日:日曜と月〜木の祝日

    calendar
          1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    3031     
    << December 2018 >>
    selected entries
    categories
    archives
    recent comment
    links


    雑誌にご紹介いただきました。

    『一個人』2008年11月号
    一個人

    『一個人』2009年10月号増刊

    太田和彦さんに取材していただきました。

    『居酒屋味酒覧 第2版 精選173』
    居酒屋味酒覧 第2版 精選173

    『居酒屋味酒覧 精選172』
    太田和彦の居酒屋味酒覧 精選172

    『東海道 居酒屋膝栗毛』
    東海道 居酒屋膝栗毛

    『居酒屋紀行5南日本篇』
    ニッポン居酒屋紀行5南日本篇

    『日本百名居酒屋第四巻』

    百世瑛衣乎さんに取材していただきました。

    『ブログ成功バイブル』
    超カンタン! 最強メディア ブログ成功バイブル

    居酒屋百名山
    profile
    search this site.
    others
    mobile
    qrcode
    powered
    無料ブログ作成サービス JUGEM