<< カラス・・覚えていろよ。 | main | なんと元通りに。 >>

この頃の日本酒って。

0

    今って、一番日本酒がそろわない時期なのかな。気に入った日本酒のほとんどが『売り切れ』とか『完売』とかになってる(笑)。

     

     

    『あらばしり』とか『にごり』・『秋上がり』とかをほぼ使わない。つまり季節商品と言う日本酒のほとんどを使わない。年間通じてその蔵元の顔になって販売されているような日本酒しか(まったくと言うわけではないけど)使わない。

     

     

    季節商品をどのくらい引っ張っていくのかとか、どのへんで止めるのかってことが何度やってみても上手くいかない(笑)。売れない『あらばしり』って何月まで使っていいんだろう(笑)。

     

     

    逆に(笑)おかみさんの『ワイン』はどんどん変わっていく。1年でほぼすべての『ワイン』が入れ替わってしまうんじゃないか?。『ワイン』を初めて(おかみさんがソムリエになってから)6年ぐらいだと思うけど、ずっと使い続けている銘柄って言うのは無いんじゃないかと思う。

     

     

    常に新しい『ワイン』を探しているおかみさん。北は北海道から南は九州まで(笑)全国のワインショップとお付き合いをしたんではないかしら?。

     

     

    『私』が担当している日本酒はごく一部を除いて浜松市内の酒屋さんとのおつきあいで賄っている(笑)。市内では有名どころの三店舗(笑)。

     

     

    今の『貴田乃瀬』の料理に合わせた日本酒なら、たぶん市内の酒販店さんで間に合っちゃうと思う。もっとも・・何かに特化した日本酒を探そうと思うとネットで全国の有名酒販店さんにお願いするようになるんだろうけど(笑)まぁ、今のところは間に合ってしまっているので(笑)。

     

     

    ここからは後から書き足し。

     

     

    パソコンの調子が悪かったのでこの書き込みも消えてしまっていて・・本の少しだけ『下書き』のところに残っていたので、半分くらいは思い出しての再書き込み(笑)。


    コメント
    コメントする









    infomation
    旬肴地酒 貴田乃瀬
    静岡県浜松市田町231-1
    電話:053-455-2832
    定休日:日曜と月〜木の祝日

    calendar
        123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    25262728293031
    << August 2019 >>
    selected entries
    categories
    archives
    recent comment
    links


    雑誌にご紹介いただきました。

    『一個人』2008年11月号
    一個人

    『一個人』2009年10月号増刊

    太田和彦さんに取材していただきました。

    『居酒屋味酒覧 第2版 精選173』
    居酒屋味酒覧 第2版 精選173

    『居酒屋味酒覧 精選172』
    太田和彦の居酒屋味酒覧 精選172

    『東海道 居酒屋膝栗毛』
    東海道 居酒屋膝栗毛

    『居酒屋紀行5南日本篇』
    ニッポン居酒屋紀行5南日本篇

    『日本百名居酒屋第四巻』

    百世瑛衣乎さんに取材していただきました。

    『ブログ成功バイブル』
    超カンタン! 最強メディア ブログ成功バイブル

    居酒屋百名山
    profile
    search this site.
    others
    mobile
    qrcode
    powered
    無料ブログ作成サービス JUGEM