<< ブログのコメント欄について。 | main | 夏の鮨2。 >>

夏の鮨。

0

    夏は鮨だ(笑)。

     

     

    この時期になると『安来鮨』の『シンコ』が頭に浮かんでくる。どこかの日曜日に時間を空けて『シンコを食べに行かなくては・笑』と。

     

     

    江戸時代から『こはだ』は江戸前鮨を代表する鮨ダネだ。特に出始めの『こはだの赤ちゃん』的な『シンコ』は値段も高く・・ちなみに、地元浜名湖の沖で取れる『シンコ』は日本で一番最初に上がる『シンコ』と言っても過言ではなくやたらに値段が高い(笑)ビニールの袋に入れてソフトボールくらいの大きさになった『シンコ』の塊が約1kgで初っ端10万円を超えることもよくある!!と言う代物なのだ。

     

     

    夏本番になればかなり値段も落ちいてくるのだが・・値段が落ち着く分『シンコ』は大きくなってくる。『安来鮨』の場合だと初っ端の『シンコ鮨』には小指の詰めほどの『シンコ・片身』が20枚近く張り付いている(笑)。

     

     

    値段が落ち着いて安心して食べられるころになると大きさも親指の爪くらいになり8枚とか10枚程度に落ち着いてくる。

     

     

    『私』は『シンコ』も好きだが『こはだ』も好きだ(笑)夏の光物『鰺』もたまらない(笑)。あれもこれも・・・・・個人的には冬の鮨よりも夏の『鮨ダネ』の方に気持ちを持っていかれる(笑)。

     

     

    出来るだけ早く日曜日に時間を取ろう!!って『取れるのか???』(笑)。何とかするさ!!。

     

     

    気が付いたことがある・・『鮨』の書き込みって本当にしばらく書いてないなぁ。日々口を書いているだけで(大笑い)。そうかぁ、少し『夏の鮨』について書き込んでみるかなぁ・・鮨屋じゃないけど(爆笑)。


    コメント
    親方、大変です。火曜日  新子の初荷が110グラムありました。競り値は  な、な、何と20万円。キロ単価20万でした。寿しざんまいのマグロですか?みたいな。浜名湖の新子が人気なのはいいことですが、複雑です。もうちょっとの我慢ですかね。仕入れることができるのは。
    • 安来寿し
    • 2019/06/05 9:41 PM
    コメントする









    infomation
    旬肴地酒 貴田乃瀬
    静岡県浜松市田町231-1
    電話:053-455-2832
    定休日:日曜と月〜木の祝日

    calendar
        123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    25262728293031
    << August 2019 >>
    selected entries
    categories
    archives
    recent comment
    links


    雑誌にご紹介いただきました。

    『一個人』2008年11月号
    一個人

    『一個人』2009年10月号増刊

    太田和彦さんに取材していただきました。

    『居酒屋味酒覧 第2版 精選173』
    居酒屋味酒覧 第2版 精選173

    『居酒屋味酒覧 精選172』
    太田和彦の居酒屋味酒覧 精選172

    『東海道 居酒屋膝栗毛』
    東海道 居酒屋膝栗毛

    『居酒屋紀行5南日本篇』
    ニッポン居酒屋紀行5南日本篇

    『日本百名居酒屋第四巻』

    百世瑛衣乎さんに取材していただきました。

    『ブログ成功バイブル』
    超カンタン! 最強メディア ブログ成功バイブル

    居酒屋百名山
    profile
    search this site.
    others
    mobile
    qrcode
    powered
    無料ブログ作成サービス JUGEM