<< おかみさんのワイン会・・まずは料理半分で。 | main | おかみさんのワイン会 ワインの紹介。 >>

おかみさんのワイン会の料理の続きがようやくかけました。

0

    本当にいろいろあるなぁ・・。ひと段落したと思ったら全く予期していない場所でひと山(笑)。『おかみさんのワイン会』の書き込みも満足にできていないし、なんて言っても7月に入って初めての書き込みが『今日』だなんて(笑)。一昔前には毎日ブログの書き込みができたのに(ずいぶん前のような気がするけど・笑)。

     

     

    お客様がお帰りになってから仕込みと片づけをすると、本当に食事をする時間を削っても満足時間が取れない。まぁ、山は登ればまた平らなところに出るだろうから(笑)またひと踏ん張りするしかないなぁ・・。

     

     

    『おかみさんのワイン会』の記事もタイミングがずれちゃって(笑)読んでもらっても面白くないかもしれないけど(笑)ちゃんと書いておかないとねぇ。

     

     

    では、続きで『料理』の残り半分を!!。

     

     

    ぁ.泪哀蹐寮嵜函.好僖ぅ掘爵佞蝓―仆曽潴と胡麻油。

     

     

    おかみさんのワインの寸評。 『僅かにある生っぽい血の香りと胡椒・ハーブ・樽熟成からくるロースト香を意識して・・・』。

     

     

    マグロの赤身にたっぷりと黒コショウを振りかけ、そのほかの香辛料(ほとんど肉料理に使うような香りのハーブ系のもの)も一緒にたっぷりとかけて1時間ほどなじませてから強火で一気に表面を炙っておいてからしっかりと冷やしておく。

     

     

    お店のメニューに出して(鮪ではなく鰹を使って)いるので評判は上々だと思っている(笑)。この鮪をお皿の上に盛り付けてさらに白髪ねぎに針生姜を混ぜ込んだものを添えて胡麻油と出汁醤油をかける。この料理はこれで完成だけど、今回おかみさんがワインにどうしても合わせてみたいものがあると言うので、その一品もお皿の上に一緒に盛り付けた(笑)。なんとピーマンを丸ごと煮たものだ(笑)。

     

     

    ピーマンの種を取らずに丸ごと煮込んでしまう・・イタリアンのような料理だけどしっかりと和風の味付け(笑)これがまた今回のワインにピッタリだった。メインの『マグロの赤身 スパイシー炙り 出汁醤油と胡麻油』よりも評判が良かったくらいだった(笑)完ぺきに私の負けだったのかもしれない。

     

     

     

    ァゝ蹈薀鵐彳 黒コショウ炙り 牛蒡の柔らか煮と牛蒡のソース

     

     

    おかみさんのワインの寸評。『天草やシナモンなどの甘い香りのスパイスを意識して・・・』。

     

     

    炙ったものが続くけれど『ワイン』がそうしろと言っているのであって(笑)『私』が楽をしている訳ではない。この牛もたっぷりの黒コショウとスパイスをたっぷりと振りかけて1時間ほどなじませておいてから強火で一気に炙っていく。

     

     

    今回のこの料理のポイントは『牛蒡の柔らか煮』と『牛蒡のソース』だ。『牛蒡の柔らか煮』は『貴田乃瀬』でもおなじみの一品だけど、今回は外側の皮をすべて取ってしまい、チョット見には牛蒡なのか分からないようにしてあるし、お店で使うものよりもかなり薄味で白く見えるように似てある。

     

     

    『牛蒡のソース』の方は、同じように皮をすべて取ってしまったものを色がつかないように白醤油と味醂・・少しのコンソメで味をつけてソースにしている。

     

     

    肉ものに合わせるワインなので、しっかりとした味わいのものを選んである。どこかに『土っぽさ』を感じる。で・・土物の『牛蒡』をソースに合わせてみたけれどかなり成功していると自賛している(笑)。

     

     

     

    Α々豚の黒ゴマ煮。

     

     

    おかみさんのワインの寸評。『カシスやブラックベリーの濃い果実味と芯にある酸味、タンニンを意識して・・』。

     

     

    『貴田乃瀬』の大名物(笑)。なにか料理を考えて作ろうと思ったのだけど、おかみさんが『もうこの黒豚が一番だって思う・・他に考えられないからこれでいいよ!』と言ってくれたので、今回は考えた料理が一つ減って(笑)ここだけラクチン。

     

     

    『黒豚の黒ゴマ煮』の説明はいらないと思う(笑)けど・・一応ざっくりと。豚の角煮を黒ゴマで煮込むと言う簡単そうで誰にでも出来そうで何処にでも有りそうだけど‥これを作ってから30年・・他で同じような料理を見たことは一度もない。豚の角煮に黒ゴマをかけてあるんじゃなくって(笑)黒ゴマで煮込むってところが・・とても難しい(笑)。素晴らしくおいしいので(笑)こんなに長く続いているし評判もいい(笑)。

     

     

     

    А\献譽皀鵑離愁襯戮叛胡糖。

     

     

    おかみさんのワインの寸評。『ライチやマンゴスチン、フルーツなどのエキゾチックフルーツの果実香を意識して・・』。

     

     

    これはワインが先にありきで(笑)このワインに合わせたデザートを造ろうと言う事になり・・結構悩んだ末の『ソルベ』だ。市販品だけど美味しい『生姜糖』を見つけたので一緒につけてみたらこれが大当たりだった。

     

     

    ああっ・・『ワイン会』から遅れることすでに二週間(爆笑)ようやく『料理』の紹介が終わったぁ。何とも長い道のりだなぁ(笑)。

    週末に向けて明日は何としても『ワイン』の紹介をしたい。今月こそはしっかりとブログを書き込んでいきたい・・と思っているんだけど、こんなに自分の時間がないなんて(笑)世の中、思うようにはならないものだと・・。


    コメント
    コメントする









    infomation
    旬肴地酒 貴田乃瀬
    静岡県浜松市田町231-1
    電話:053-455-2832
    定休日:日曜と月〜木の祝日

    calendar
         12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    24252627282930
    << November 2019 >>
    selected entries
    categories
    archives
    recent comment
    links


    雑誌にご紹介いただきました。

    『一個人』2008年11月号
    一個人

    『一個人』2009年10月号増刊

    太田和彦さんに取材していただきました。

    『居酒屋味酒覧 第2版 精選173』
    居酒屋味酒覧 第2版 精選173

    『居酒屋味酒覧 精選172』
    太田和彦の居酒屋味酒覧 精選172

    『東海道 居酒屋膝栗毛』
    東海道 居酒屋膝栗毛

    『居酒屋紀行5南日本篇』
    ニッポン居酒屋紀行5南日本篇

    『日本百名居酒屋第四巻』

    百世瑛衣乎さんに取材していただきました。

    『ブログ成功バイブル』
    超カンタン! 最強メディア ブログ成功バイブル

    居酒屋百名山
    profile
    search this site.
    others
    mobile
    qrcode
    powered
    無料ブログ作成サービス JUGEM