<< すいませんでした。 | main | お席の空き状態と新しい料理。 >>

どうする土曜日(笑)イルボスケットの会で使った日本酒。

0

    ようやく市場が開いたのですが・・魚っけは全くなし(笑)そりゃぁそうだ、あの台風の後だもの(笑)土曜日だと言うのにいったいどうすればいいんでしょうか(笑)。

     

     

    幸い、大きな予約がないので(まだお席空いてますよぉ)何とか切り抜けられるような気もしますが・・はたしてどうなるのでしょうか。

     

     

    一応魚屋さんに来週の『貴田乃瀬酒の会』の話をしてあるので、まぁ、何とか来週末までには海も元に戻ってくれるんじゃないかと言うざっくりとしたお返事を信じて・・仕込みにかかることにします(笑)。

     

     

    後から書きますって言っていた『コラボイルボスケット酒の会』の当日使ったお酒を書き込んでおきます。イタリア料理と日本酒を合わせると言う事でコラボをしましたが、今回は初回と言う事もあってざっくりと合わせてみると言う事にしました。

     

     

     /前酒代わりと言う事でスパークリング日本酒『正雪・河津桜酵母・発泡性清酒』を使いました。

     

    ◆〜虻擇出てくるので、ドライに、とにかくドライな日本酒を!!と言う事で『小夜衣・純米吟醸・誉富士・森本圭祐二年目一号』を使ってみました。

     

     まだ前菜がテーブルの上にありますし、次の料理への口替わりの準備と言う意味を持たせて『十六代九郎右衛門・環(めぐる)生酛純米』を使いました。

     

    ぁー,領鼠が出てきたので『北島・生酛純米無濾過生原酒』を使いました。

     

    ァ,海里△燭蠅ら料理がテーブルの上に残っているし、そこにまた新しい料理が出てくるので重ねてどんどん出していく事にしました。で『七田・七割五分磨き・愛山・無濾過生原酒』を出しました。

     

    Α,匹鵑匹麁本酒も出していきます。飲んでいるお客様はグラス(三つ支度しました)が全部空いていますが、ゆっくりのお客様もいらっしゃるので、それぞれのペースで飲んで頂けるように、日本酒だけ出していきます。『笹一・夢山水・純米無濾過生原酒』を出しました。

     

    А.ぅ織螢⇔鼠に合わせると言うのはほぼここまで『鯵ヶ沢・山廃純米・無濾過生原酒』を選びました。

     

     

    ─〆埜紊法∨榲に無駄になるのを最初から覚悟して(笑)どうしてもお客様に理解してほしいことがあったので・・ここでこれを使って(怒られちゃうかなぁ)それまで料理にざっくりとですが合わせてきた日本酒たちと飲み比べることによって(まだテーブルの上には料理も残っているので)こう言った高級酒があまりイタリア料理に合わないのだと言事を・・まぁ、実験してみました(もちろん一番最初にもっていけば、それなりの評価をして頂けたと思う素晴らしい日本酒です・・ここでこんな使い方をするのが間違っているのは百も承知ですが(笑)誰もが知って入り生でなければその違いが理解してもらえないと思って)で・・選んだのは『開運・波瀬正吉・大吟醸・無濾過生・斗瓶取り』なんてこったぁ!!!。

     

     

    馬鹿な事をするんじゃないよぉ!!ってお叱りを受けそうですが、あえて当日参加された、普段『ワイン』を飲んでいらっしゃるお客様のほとんどが名前を知っていた素晴らしい日本酒を最後にもってきました。

     

     

    『私』の言いたいことはよく理解して頂いたと思っております。イタリア料理には濃い味わいの酸の高い日本酒が合うのだと言う事を。

     

     

    単純に『素晴らしい日本酒』ですって事で名のある吟醸酒を並べてもミスマッチにしかならないって事を・・当日集まって頂いたお客様に分かって頂くために(笑)あえて禁じ手的な方法をとりました。

     

     

    では、吟醸酒はイタリア料理には合わないのかって言う事かと言うとそうでもありません(爆笑)。次回は、ある程度料理を指定して、危険な(笑)香草を使ってもらってその香りの料理に吟醸酒を合わせると言う・・危険な実験的(笑)な『会』を開くつもりです(まだに日にちも決まっていませんが)。

     

     

    お客様に喜んで頂いて『次回の会の日にちが決まったら必ず連絡してください・・絶対参加しますから・・』と言うありがたい言葉をたくさん頂きました。協力してくれた『イルボスケット』さんのオーナーシェフ『林君と奥様』ご苦労様でした!!。

     

     

    イタリア料理だけではなく、いろんなお店(料理)にチャレンジしてみたいと思っています。


    コメント
    コメントする









    infomation
    旬肴地酒 貴田乃瀬
    静岡県浜松市田町231-1
    電話:053-455-2832
    定休日:日曜と月〜木の祝日

    calendar
         12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    24252627282930
    << November 2019 >>
    selected entries
    categories
    archives
    recent comment
    links


    雑誌にご紹介いただきました。

    『一個人』2008年11月号
    一個人

    『一個人』2009年10月号増刊

    太田和彦さんに取材していただきました。

    『居酒屋味酒覧 第2版 精選173』
    居酒屋味酒覧 第2版 精選173

    『居酒屋味酒覧 精選172』
    太田和彦の居酒屋味酒覧 精選172

    『東海道 居酒屋膝栗毛』
    東海道 居酒屋膝栗毛

    『居酒屋紀行5南日本篇』
    ニッポン居酒屋紀行5南日本篇

    『日本百名居酒屋第四巻』

    百世瑛衣乎さんに取材していただきました。

    『ブログ成功バイブル』
    超カンタン! 最強メディア ブログ成功バイブル

    居酒屋百名山
    profile
    search this site.
    others
    mobile
    qrcode
    powered
    無料ブログ作成サービス JUGEM