<< すでに冬のメニュー(笑)。 | main | 勉強になりました。 >>

新しい日本酒を。

0

    この頃・・日本酒が面白いと思ってます。若い蔵元や若い杜氏たちによって作られる新しい日本酒が面白いと思っています。

     

     

    詳しく書くのはこの次にしますが『ワイン』の後から飲んでもちゃんと日本酒を感じられるような日本酒をいくつか仕入れて使ってみました(笑)。

     

     

    これが実に評判がいいんです。酸が高めで乳酸を感じる・・ちょっと変わった日本酒を三種類新しく仕入れたのですが・・当たりでした(笑)。

     

     

    『ワイン』を飲んだ後で『今度は日本酒を飲みたいねぇ』などと無謀なことを言われるお客様が実に多く(笑)『そのままワインを飲んでいてください!!』って言いたくなるところを『ぐっっっ』っと抑えて(笑)『わかりました』と言う『私』の凄さ(笑)。

     

     

    やってみると本当にむつかしいんですよ!!『ワイン』の酸は高いので酸が低めの日本酒を出すと『まるで水を飲んでるみたいだなぁ・・』って事になります。

     

     

    あまり香りの強い日本酒もいけません・・『ワイン』の香りがまだ残っているときに下手に吟醸酒を出すと吟醸酒の香りが『ものすごく嫌な香り』に代わってしまいます。

     

     

    次の料理にかかわっても来ます・・むつかしいで(笑)。『ワイン』を始めた当初からの一番の問題でした。「日本酒」と『ワイン』を両立させることができないものかと・・今だって完璧だなんて言いませんが(笑)それでも、最初のころに比べたら格段の差と言うか・・かなりなもの(笑)になって来ています(笑)あくまでも自分で言っているだけですけどね・・。

     

     

    まぁ、お客様からのクレームがほとんどないところまで来ましたから・・一応はこのままの方向で大丈夫かと思っています。『貴田乃瀬』でそろえる日本酒は(すべてではありませんが)かなりの数『ワイン』でも「日本酒」でも行ける料理に合わせてありますし『ワイン』の後でも『ワイン』の先でも行けるんじゃないか(大笑い)と終えるくらいのものをそろえてあります。

     

     

    世の中で有名になっている日本酒のほとんどが使えないって言う(笑)事になってしまいますが・・それも『貴田乃瀬』らしいと言えばらしいかな。


    コメント
    コメントする









    infomation
    旬肴地酒 貴田乃瀬
    静岡県浜松市田町231-1
    電話:053-455-2832
    定休日:日曜と月〜木の祝日

    calendar
         12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    24252627282930
    << November 2019 >>
    selected entries
    categories
    archives
    recent comment
    links


    雑誌にご紹介いただきました。

    『一個人』2008年11月号
    一個人

    『一個人』2009年10月号増刊

    太田和彦さんに取材していただきました。

    『居酒屋味酒覧 第2版 精選173』
    居酒屋味酒覧 第2版 精選173

    『居酒屋味酒覧 精選172』
    太田和彦の居酒屋味酒覧 精選172

    『東海道 居酒屋膝栗毛』
    東海道 居酒屋膝栗毛

    『居酒屋紀行5南日本篇』
    ニッポン居酒屋紀行5南日本篇

    『日本百名居酒屋第四巻』

    百世瑛衣乎さんに取材していただきました。

    『ブログ成功バイブル』
    超カンタン! 最強メディア ブログ成功バイブル

    居酒屋百名山
    profile
    search this site.
    others
    mobile
    qrcode
    powered
    無料ブログ作成サービス JUGEM