<< 流されるのもいいかも(笑)。 | main | 休憩も必要なんだなぁ。 >>

新しい日本酒。

0

    暖かくなってきたので日本酒の品ぞろえをがらりと変えてみたいのですが。いつものことながら『私』は春先の日本酒が得意ではないので・・定番の日本酒が出てくるまでが大変困るんです。

     

     

    『濁り』とか『発砲』とか『荒走り』とか・とか・・苦手なんです(笑)たまに、ごくたまに気に入ったものを置いたりしますが『貴田乃瀬』の冷蔵庫で、これらの日本酒を見かけることはめったにありません(笑)。

     

     

    『料理に日本酒を合わせる』って大きく出ている訳ですから春先はもちろん、夏過ぎに出てくる『ひやおろし』『秋上がり』なども使いこなせないといけないのでしょうが(笑)・・特に春先の料理に春先の日本酒がうまく合わないような気がします(笑)・・多分『私』だけが独りで言っているだけなのでしょうけど。

     

     

    香りの強すぎる吟醸酒て言うのもあまり『貴田乃瀬』には置きません。どうやって考えても料理に合わないような気がします(これも多分私独りでしょうけど・笑)。

     

     

    そうかと言って年がら年中同じ銘柄ばかり使っている訳ではありませんから(笑)。かなりたくさんの銘柄を一年の間に使っています。静岡県の日本酒を中心にして(蔵元の数ぐらいの銘柄を年間で使います・・静岡の・・)県外の蔵元からもかなりの数の銘柄を使います。

     

     

    その時期の料理に合った日本酒を・・自分で作っている料理ですからどんな日本酒が合うのかって言うのは、自分の舌ベロ(笑)で確かめていきます。お客様には『おやかたぁ・・流行の日本酒っておかないのぉ!』って言われる時がありますが決して置かない訳ではありません(笑)気に入ったら置いていきますけど・・新しいものばかり試飲している訳ではないので(笑)ほかのお店に食事に行ったときに試させてもらったりしています。

     

     

    多分・・もう少しすると『貴田乃瀬』に新しい銘柄が入ってきます(笑)ただいま交渉中ですから(笑)。


    コメント
    コメントする









    infomation
    旬肴地酒 貴田乃瀬
    静岡県浜松市田町231-1
    電話:053-455-2832
    定休日:日曜と月〜木の祝日

    calendar
          1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    3031     
    << August 2020 >>
    selected entries
    categories
    archives
    recent comment
    links


    雑誌にご紹介いただきました。

    『一個人』2008年11月号
    一個人

    『一個人』2009年10月号増刊

    太田和彦さんに取材していただきました。

    『居酒屋味酒覧 第2版 精選173』
    居酒屋味酒覧 第2版 精選173

    『居酒屋味酒覧 精選172』
    太田和彦の居酒屋味酒覧 精選172

    『東海道 居酒屋膝栗毛』
    東海道 居酒屋膝栗毛

    『居酒屋紀行5南日本篇』
    ニッポン居酒屋紀行5南日本篇

    『日本百名居酒屋第四巻』

    百世瑛衣乎さんに取材していただきました。

    『ブログ成功バイブル』
    超カンタン! 最強メディア ブログ成功バイブル

    居酒屋百名山
    profile
    search this site.
    others
    mobile
    qrcode
    powered
    無料ブログ作成サービス JUGEM