遅くなっていますが開運の会の続きです。

0

    いやはや・・・さすがに年末・・忘年会シーズンを何とか乗り切りました。『かたやま酒店』さんの『酒の会』を開いてから半月近くになるのに、いまだブログが止まったまま(爆笑)。

     

     

    昨年も確か同じような経過をたどったと思います。『酒の会』は開けてもブログに書き込みができない(笑)。まぁ、仕方がないですねぇ。

     

     

    ブログを書いている時間があったら仕込みをするか睡眠時間にあてないと。おまけにパソコンは一台だけなのにで、年賀状の制作(おかみさんがやってくれますが)に取られるとまた書き込みができない(笑)。

     

     

    ようやく書く気になったのがすでに時間的には大晦日のこの時間(笑)。これか書いたってとても全部が書ける訳ではないですが、とりあえず三つ目とか四つ目ぐらいまでは頑張ってみます(笑)。

     

     

    三番目のお酒は。

     

    開運 華の香 純米誉富士 生原酒 28BY

     

    この頃凝って作っている『フォアグラのテリーヌ』を合わせてみました。まぁ『貴田乃瀬』で作る『フォアグラのテリーヌ』ですから、ごく普通のテリーではありません。何と『味噌と醤油』が入っています(笑)。日本酒でもワインでもどちらを選んでもちゃんと合わせられます。今現在、お店で出している『フォアグラのテリーヌは、この『酒の会』の時よりもさらに改良型で(笑)若干味噌の味を控えめにしてあります。

     

     

    四番目。

     

    開運 純米 雄町 28BY

     

    火入の開運・・しかも純米の雄町・・・個人的にはかなり好きな部類に入ります。いくら『私』が好きでもねぇ(笑)。

     

    何と言うか最初から、この酒には鯛のカマが頭にありました。焼くんじゃなくてカリカリに揚げて中はホクホク、で・・ポン酢の大根ソースで『酸』を少し補って食べてもらおうって。『鯛のカマ 唐揚げポン酢ソース』そのままですねぇ(笑)。

     

     

    五番目は。

     

    開運 初蔵出し 本醸造生原酒 26BY 3年低温熟成酒

     

    ヒネ香は感じません。いい感じで熟成しています。こんな感じの酒は好きですねぇ『燗酒』にしたらもっといいのかもしれません(笑)。

     

    これ・・むつかしかったですねぇ・熟成酒ですから味のしっかりとした料理を持ってきたいのですが・・ここに『フォアグラのテリーヌ』って言うのも考えたのですが、どこかにある醤油のニュアンスを引っ張りたくって『トンバラのたまり煮』を合わせてみました。

     

    たまりで真黒く煮てあります。一見すると赤ワインソースに見えるくらいに真っ黒(笑)味も普通の『トンバラ煮』よりも時間をかけてトロトロでまったりさせてあります。何とかうまくいったと思いますけど(笑)。

     

    お客様的には、かなりいいマリアージュだったと好評を頂きました。

     

     

    六番目のお酒。

     

    燗酒です。 開運 特別本醸造 祝い酒

     

    これもむつかしかったなぁ・・燗酒だと味噌とか(笑)枝豆とか(大笑い)でも十分に成立しちゃうんだけど・・せっかく『貴田乃瀬』でやる『酒の会』なんだから『どうだぁ』って的な(笑)メニューで攻めてみました。

     

    『京人参の豆腐 甘塩ホイップソース』で攻めてみます(笑)。

     

    夏の間は『空豆の豆腐』を出していますが、口直し的なメニューとして『親方・・冷たい豆腐的なメニューが何かないの』と言うご要望があたので作ってみたのです。メニューの方が先にできていました。

     

    で・・『酒の会』が決まった時に『酒のラインナップ』を見て‥燗酒に合わせるために当日の『京人参の豆腐』は『この日だけバージョン』になっています(笑)。しっかりとした味付けではなく、ほんわかとしてつかみどころのないような味付けにしてあります(笑)。

     

    甘しょっぱく味を付けたホイップとしっかり味の付いた麺つゆで味を調節しながら燗酒に合わせてもらいました。自分が思ったよりも好評でした(笑)。

     

     

    ・・・・・今日はこれくらいに。

     

     

    今年一年ありがとうございました。

    また来年もよろしくお願いします。

    って…疲れたぁ(爆笑)。


    酒の会の続きです。

    0

      さて、ようやく土曜日の『開運の会』のご報告を(笑)長いなぁ(笑)。

       

       

      ちなみに、いつもの通り『私』はひたすら料理を作り続けている訳でして、写真を撮っている余裕もありません。ですから・・当然のように写真を張り付けてみてもらうと言う事ができません(笑)。

       

       

      どんな料理が出たのか、写真を見たい方は『かたやま酒店』さんのブログまで飛んで行ってみてください(大笑い)こんな事でいいのかしら?。

       

       

      では、最初の『開運』に合わせた料理から。

       

      波瀬正吉 大吟醸斗瓶取り 首ー2 28BY

       

      『かたやま』さんは一番最初の乾杯のときに、その日の一番いいお酒を持ってくるって言うのが定番です。最初に酒のラインナップを見たときに『ええっ・・いくらなんでも完敗で斗瓶取りかぁ!!』って思いましたが・・まぁ、致し方なし。何とかこの斗瓶を引き立てるメニューを考えないと。

       

      で・・考えたのが冬のトマト・・柿のソースで。です・・。今ではトマトは一年中ありますから『冬のトマト』って断ることもないのですが、トマトの酸けが欲しかったものですから・・『冬の』とつけてもったいぶってみました。

       

      かなりしっかりとスパイスを利かせて、これまた3週間ぐらい倉庫において『ジュクジュク』になった柿をソースにしてあります。トマトにほんの少量ガーリックを使ったことを皆さん驚かれていました。

       

      まさか『波瀬』さんの斗瓶にガーリックって・・・。でも、口の中に入れて頂ければ・・これは最初から好評でした(笑)。

       

       

      二番目は。

       

      開運 無濾過純米 新酒 29BY この日唯一の新酒だったようです。

       

       

      醤油を使わずに食べる刺身(生もの)『貴田乃瀬』の得意料理の一つです。おかみさんが『ワイン』をやっているもので(笑・・皆さん知ってるって言うの!!)せっかく生ものを出しても『醤油』がワインをだめにしてしまうってことがあり、できるだけ『醤油』を使わないで食べられる『生もの(刺身)』って言うのを考えています。

       

      ワインだけではなく、日本酒も・・日本酒だから『醤油』があって当然だなんて思っていてはいけないのです。正直『醤油』を嫌う日本酒が存在します。

       

      香り系の吟醸酒だって『刺身:や『醤油』には合いませんから・・。で(笑)今回はスタンダードな『炙り』にしてみました。塩と胡椒を振ってあります。

       

      この塩と胡椒が無濾過のどっしりとした味わいに対抗してくれるんです。

       

       

       

      三番目・・を書くつもりでしたが・・こんな時間になってしまったので・・また明日にします。


      かたやま酒店さんと酒の会を開きました。

      0

        12月16日(土曜日) 一年で一番忙しく働くこの時期・・この週に『貴田乃瀬』では『かたやま酒店』さんと『酒の会』を開くことになりました(笑)。



        しかも土曜日と日曜日の連荘で(笑)。『大内』の親方が悪いんです。9月の『金賞受賞酒を愛でる会(かたやま酒店さんと)』を土曜日と日曜日の二日間開いたんです『大内』の親方のところで(笑)。



        『私』は日曜日に出席したんです。実に素晴らしい『酒の会』でした。『大内』の親方の仕事にほれぼれとして・・ああっ・・自分もこんな風に地に足の着いた仕事をしないといけないなぁ・・なんて思いながら『大内』の親方や『かたやま』さんたちと二次会に行ったんです。



        『私』は『大内』の親方に対抗する気持ちがほんのちょっとだけ・・心の隅っこに合ったんでしょうねぇ。『かたやまさん・・年末の貴田乃瀬の会は・・ぜひ開運でお願いしたいんですけど!!』なんて言っちゃいました(笑)。少し酔いも回っていたんです(笑)。『かたやま』さんは『開運の会長に聞いてみないとお返事できませんが・・いいですねぇ・・やりましょう‥二日間で・・土日で!!』・・酔っていたんです(笑)二次会の酒の勢いだったんです(笑)思わず『やりましょう!!頑張りますから!!』なんて・・多分言ってたんだと思います(笑)。



        結果・・土日の二日間で『酒の会』を開くことになりました(笑)。



        それでも、当初の話しでは二日間とも『開運』さんでの開催だったのですが『開運』の土井会長が土曜日だけ・・社長は12月はイベントには参加しないんだそうで・・・・・・『私』的には、土井会長がいなくても、二日間通して『開運』でって言う頭でいたんです。

         


        ところが・・『かたやま』さんが一日目は『開運』で、二日目は今まで通りのいろいろなお酒でって言う風にしませんか?って言ってきたんです(笑)。お気軽な『私』は、二日間同じ料理でも構わないかなぁ・・ちょっとだけ変えればいいのかなぁ・・なんて思っていたのですが(笑)。



        この会(かたやまさんの酒の会)の常連で『貴田乃瀬』の酒の会の常連でもある『井上君』と会った時に『おやかたぁ・・期待してます・・ぼく二日間とも出席するつもりです』なんて言うんですよ・・まぁ『かたやま』さんが、少しでもたくさんのお客様に出席の機会をってことで『井上君』の両日出席の野望は立たれるのですが(爆笑)・・頭に残っちゃいましてねぇ。



        もし・・二日間・・両日出席のお客様がいらっしゃったら・・がっかりするだろうなぁって・・料理変えないとなぁ‥って思っていた時に『かたやま』さんのお酒のラインナップのメールが届いたので開いてみると。



        何と二日目の『いろいろなお酒の会』に出てくる酒のほとんどが『純米吟醸とか純大吟!!!』なんだあ!!『大内』の親方のところの『金賞受賞酒の会』と変わらないじゃないかぁ!!爆笑)。



        『楽したら負けだ!!』こりゃぁ‥勝負をかけないと・・ひどい目を見るのは『貴田乃瀬の私』だ(笑)。やるしかないじゃないですか・・これじゃぁねぇ!!。

         


        で・・ちょこっと考えていたメニューは一度廃棄・・ええっ全部白紙の状態に戻して二日間の料理を考えました(笑)。結果的に『かたやま』さんにメニューを送るのがぎりぎりになってしまいましたが・・まぁ・・何とか間に合ってよかった(笑)。



        『酒の会』の話をするんですけどね(笑)まず・・どうしてこうなったのかって言う話を書くだけで今日は終わっちゃいそうです(笑)。



        しかし・・年末の忘年会が一番忙しく・ほぼピークを迎える16日(土曜日)日曜日は定休日だとしても・・この時期に『酒の会』を開くのですから・・それなりにお客様にアピールできて、できれはその時のメニュ(料理)に感動して新しいお客様になって頂けるくらいのものを作らないと意味がないと思うんです。



        頑張っちゃうしかないじゃないですか!!地元の客様だけの(若干二名様が京都からのお客様でした)『酒の会』ですから『もろ』アピールタイムです(笑)。



        初日が『開運』さんです。土井会長もお見えになるんです。他の『酒の会』で土井会長とご一緒させて頂いて・・かなり偉そうなことを会長に言ってたことを後悔します・・ああっ・・後悔は先に立たない・・たってくれないんですってば!!。会長に『貴田乃瀬ってこんなもんかぁ』なんて・・絶対に思われたくないし(笑)。



        さて、明日はその『開運の会』の話しを書きます…つもりですが何分年末の忘年会シーズン・・毎日書き込みができないのが現状です。頑張って書きますから(笑)待っててください。


        この頃の日本酒事情。

        0

          昨日は一生懸命書いた文章が、家猫の『又八』のおかげで一瞬で消えてしまった。『又八』のせいではなく、キーボードの近くに来たのにほおっておいた『私』がすべて悪い。テーブルだろうが床だろうがキーボードだろうが『又八』には関係ないからねぇ(笑)。

           

           

          昨日書いた事をもう一度って思ったけど・・全部覚えている訳でもないし(笑)今日は、今日思いついたことを書き込むことに(笑)。

           

           

          エッジの立った日本酒が少ない気がする。まぁ『切れ』って表現でもいいと思うけど、輪郭のはっきりとしたって言う意味で『エッジが立つ』って言う表現をこの頃よく使う。

           

           

          なんとなく『甘め』の‥最初の一口なら口当たりのいい飲みやすい感じのする日本酒が増えている気がするのは『私』だけでしょうかね。確かに『日本酒』を飲むだけならって気もするけれど、食事と一緒にって事になると・・これはいただけない。

           

           

          最初に『刺身』が出たとして・・ここでは使えないし(笑)次に焼き物が出たとして『塩味』の焼き物だと・・ここでも使いにくい(笑)・・ここいらあたりまではドライな感じの日本酒を持ってきたい…ただ『刺身』の時には、あまり米の旨味の強いものよりは少しさんの高めのものを・・『塩味』系の焼き物の時には旨味やコクのあるものを・・。

           

           

          それじゃぁ、今・・流行っているように見える『甘め』の日本酒はどこで使ったらいいのかって言う実験をここ数か月(笑)やっているんだけど・・正直(銘柄にもよるだろうけど)ドンピシャリってところを探せないでいる。

           

           

          今まで『貴田乃瀬』で使ってきた日本酒とは少し系統が違う日本酒・・『私』の想像を超えたものが流行している気がする(笑)。新しいものにもちゃんと場所を与え上げようとかなり研究しているのだが・・居場所を探せないでいる(笑)。

           

           

          『流行』・・今だけの『はやりもの』としてとらえた方がいいのか??・・。

           

           

          もう少し時間がかかるだろうなぁ。


          10月1日(日曜日)は日本酒の日

          0

            10月1日は日本酒の日(笑)と言う分けで、浜松コンコルドホテルで開かれた『静岡県地酒祭り』に行ってきました。



            日曜日の午後2時から(笑)。いつもの日曜日なら絶対に寝ている時間ですが、頑張って早起きをしてと言うか、ほんの少し寝ただけで出かけてきました(笑)たぶん日本酒が効いちゃうんだろうなぁ!!。



            時間ギリギリに飛び起きたので近くでもタクシーをお願いして(笑)いざついてみればまだ結構な余裕があって(笑)頼んでおいたチケットを受け取って会場へ。



            この時点ですでに『名うて』の酒飲み達(大笑い)がたくさん会場に来ていることが分かり、中には静岡や名古屋から会場に駆けつけている人たちもいて『日曜日だと言うのに…お酒のことになると目の色を変えて(笑)集まっちゃう人たちがこんなに沢山いるんだなぁ・・(笑)』一人笑っておりました。



            たくさんの人たちと挨拶を交わし、まずはお気に入りの蔵元のお酒をお猪口に注いでもらい乾杯の挨拶を待ちました。乾杯の前にすでに何杯も飲んでいる人がいて(笑)笑っていいのかどうか少し悩むくらいに酒好き(日本酒がね)ばかりなんだなぁって・・。



            で・・乾杯!!!‥の後はずっと長い間ご歓談ください(笑)と言うか、自由に会場内を回ってお気に入りの蔵のお気に入りの酒を飲んで味わって回る!!。



            この間のことを細かく書くと何日たっても終わりが見えなくなると思うので、バッサリと切り捨てることにして、途中で歌って花を添えてくれた静岡県推薦地元アイドル『オレンジ』の女の子たちが本当に会場を盛り上げてくれていて(笑)蔵元のところで話をしていたのだけど、頭を寄せ合って話さないとちっとも声が聞こえない(笑)彼女たちの歌声の素晴らしさよ(笑)!!。



            ほとんど寝ないで、すきっ腹で(笑)そんなに沢山頂いたつもりはなかったけれど・・結構酔ってました(笑)。『親父様』の『森本社長』のブースの前をほとんど離れずに(笑)いったい何し来たんだろうなんて思いながら、ひたすら『小夜衣』を飲んで気持ちよくなっていました。



            まぁ、そうは言っても、ほぼ一通り『ほんの少しだけ』って言いながらお酒を頂いてきたので、あれがよかったとか、これがよかったとかの話はできるように(笑)ちゃんとお勉強してまいりました(笑。

             


            たくさんの日本酒を愛するのん兵衛たちと会うことができて、久しぶりに自分のスタンスを確認できたような気がしましたねぇ(笑)。まだまだ日本酒に心躍ります!!。

             

             

            ちなみに、帰るときに玄関口に救急車が止まっていて(笑)誰かが飲みすぎたんだろうか(笑)などと思いながら帰りました。ホテル内のソファにはぐったりとして横たわっている人たちがたくさんいましたからねぇ‥屍累々(ルイルイ!!)でした。

             


            二次会と言うか、次の予定も入ってまして・・こちらはかなりコアな方ばかりが集まる場所で『弁松』さんへお邪魔しました。シャープな感じのシュッとした(笑・・私と比べれたらほとんどの人がシュッとしてますねぇ)かなりイケメン・・弁松さんの若い親方にご挨拶をして(初めてお会いしたかもしれません)呑ませて頂きました。



            『超』の字がつくくらいの『コア』な方達ばかり・・『私』如きではこの集まりの中では埋没してしまいますねぇ(笑)。一緒に行った吉澤さんと『森本社長』で横並びに座ってずっと話をしてました(笑)。



            せっかく伺ったのに(笑)もっと皆さんとお話をすればよかった(笑)。『私』はへたくそなんですねぇ‥顔からは想像もできないくらいにシャイ・・人見知りですから(笑)。



            いつも寿一君からお土産で頂いている天竜は二俣の餃子屋さんの、これまた若い親方と話ができて・・すごくうれしかったです。時間を取ってまた買いに行きます!!。



            もっと弁松の親方とお話をして来ればよかったなぁ‥後からいらっしゃった『弁一』の親方ともめったに会えないんだから‥ちゃんとお話をして来ればよかった。大事なところで引っ込んじゃうものだから‥だめだなぁ(笑)・・・。



            『弁一』の親方がお元気そうで・・早々、兄さんの『あまの』の親方にも会えて・・『お前、日曜日空いてるんだから連絡をして来いよ!!』って言われて・・いつも口ばかりだったから、今度はちゃんと連絡をします(笑)一日ちゃんとお付き合いします(笑)。



            楽しい一日だったなぁ・・・。最後の方は覚えていないけど(爆笑)。


            金賞受賞酒の会へ参加してきました。

            0

              昨日の日曜日には『旬の料理 大内』さんで『かたやま酒店』さん主催の『金賞受賞酒の会』に行ってきました。この会、毎回大人気で定員があっと言う間に満席(ちなみに定員は22名だそうです)になってしまうため今年は9月23日(土曜日)と24日(日曜日)の二日間連続で開かれました。

               

               

              『私は』お店が日曜日休みなので(笑)24日の日曜日に参加することにしました。この「『金賞受賞酒の会』何回目(何年目)なのでしょう。毎回参加している『私』ですが『大内』さんの料理・・凄みを出しています(笑)。

               

               

              『金賞受賞酒』は『日本酒』として最高と言うかある意味頂点にある酒なわけでして・・その頂点に料理を合わせていくなどと言う(笑)ものすごいチャレンジを毎回重ねている『大内』さん…それだけで十分に凄と思っているのですが、料理が『金賞酒』に負けていないどころかマリアージュしちゃっているのです(笑)。

               

               

              凄いですねぇ!!本当に凄い!!。

               

              ちなみに、当日の金賞受賞酒を形ばかり紹介しておくと(笑)。

               

               ヽ運 波瀬正吉大吟醸 無濾過生 首-3 

              ◆_屬良顱‖膓秕

               英君 大吟醸 斗瓶囲い 雫酒

              ぁ^ぽ 大吟醸無濾過生原酒

              ァ’鯱垂珠 純米大吟醸原酒 雪女神

              Α‥靴慮諭―稱涜膓秕35

              Аヽ運 純米大吟醸 SAKE COMPETITION 2017 純米大吟醸部門第一位

              О奮阿呂垢戮栃神29年度 全国新酒鑑評会の金賞受賞酒です。

              すべてのお酒が素晴らしいの一言に尽きてしまう・・言葉を並べてもあまり意味がない(笑)まぁ・・黙って飲んでみなさいよ‥てなお酒ばかり(笑)。

               

               

              ちなみに、これに合わせた料理ですが、毎度のことで写真がないのです。会が始まる直前まで写真を撮る気は満々なのですが、いざ始まってしまうと我を忘れて飲みくするばかり(笑)だらしのない男でございます(笑)。

               

               

              懲りずに‥とりあえず名前だけ(名前だけじゃぁなぁ・・・・・・・・)。

               

               

              まず先付

              カマス・長芋・焼き椎茸のかさね。 赤足海老 共味噌 巨峰の白和え・・これを,里酒に。

               

              次は、△硫屬良饌膓秕に 天然すっぽんのスープ 焼き餅 芽ネギ・・このすっぽんのスープはスタンダードな料理に見えますが・・『私』的には革新的なスープでしたね・・間違っていたら恥ずかしいので(笑)何がって書きませんが(笑)これちょっと真似してみたいです(笑)。同じものはできませんが・・同じようなスープを(笑)。

               

              3番目はお造りで、マグロ・ヒラメ・しめ鯖とのお酒。醤油が二種類い出てきまして、これが素晴らしいアクセントになっていました。

               

              い琉ぽ 大吟醸無濾過生原酒には、焼き胡麻豆腐・カニ・枝豆。この焼き胡麻豆腐素晴らしかったです。この日一番香りのあるお酒に、焼き胡麻豆腐の焼けた(ちょっとスモーキーな感じ)感じがピッタリこれ以上杯くらいにマリアージュしてました。

               

              イ里酒に三河鶏の杉板焼 栗含め 鶏がふんわりと焼けていて杉板の香りが移り・・何とも・・お酒が進んでしまいました。

               

              ε靴慮諭―稱洞秕35は6番目のお酒。揚げた秋刀魚。茄子の煮卸し 京子芋・しし唐。『私』の好きな味付けです。柔らかくって・・何ともバランスのいい料理・味わいです。

               

              締めにはГ粒運純米大吟醸・・これご飯(笑)キノコの炊き込みご飯で(笑)十分に美味しい!!個人的には、この日一番のお気に入りのお酒でした。テーブルに来た4合瓶があっと言う間になくなってしまいました‥一番最後のお酒だと言うのに。開運・・ただただ美味しい。

               

              まぁ、ざっくりですが料理まで書きました(笑)。

               

               

              何度参加しても素晴らしい『大内』さんの料理。これまた文句のつけようのない、ある意味頂点にいる日本酒の数々・・こんな会に毎回参加できている自分がとても幸せです(笑)。来年・・一年は長いけれども楽しみにして待ちましょう(笑)。

               

               

              『かたやま』さん『大内』さん‥ご苦労様でした。


              好評!!小さな酒の会。

              0

                『小さな酒の会』が好評で(笑)・・この頃、急に申し込みが増えてきた(笑)。なんでだろう?。「おやかたの日本酒セミナーはお金がもらえるね・笑』とおかみさんがほめてくれる。解りやすく目からウロコの日本酒講座(爆笑)。



                ご注文が多いのは『本醸造とか吟醸とかのきき酒の仕方を教えて』が一番。
                グラスの中に本醸造から純米大吟醸まで並べて、どのグラスが本醸造でどのグラスが吟醸なのか‥っていうのを当てられるようになりたい!!。



                まぁ、これが簡単に出来たら『私』なんかはいらなくなっちゃう(笑)。そうかと言って秘伝の技とかがある分けでもなく(笑)ちょっとしたコツがわかれば意外と簡単。



                自分の『舌』のどこで何を感じるかっていうのが大切・もちろんグラスの中の液体の状態を見ることとか・・ワインと同じですよ(笑)。何をどこで探すのかって言うことを理解できると意外とわかりやすいものです。



                まぁ、そんなこんなで『小さい酒の会』絶好調です(笑)。



                ある目標のために頑張っている方々が(大笑い)結構遠くから『私』のところへ『小さな酒の会』のためにやってきてくれるんです…今年だけなのかな(笑)。



                皆さん・・頑張ってくださいね!!!。


                ジャズを聴きながら開運を楽しむ会に参加してきました。

                0

                  昨日の日曜日は『かたやま酒店』さんたちのグループ『粋遙倶楽部』主催の『ジャズを聴きながら開運を楽しむ会』に参加してきました。

                   

                   

                  場所はいつもの田町ハートランドさん。ここで開かれる『ジャズを聴きながら開運を楽しむ会』は、今回でなんと18回目を迎えたのだそうです。『ほぼ・・ほぼ皆勤賞』の『私』。

                   

                   

                  そうかぁ・・もう18回(年に一回だから18年目)と言う事になるのか!!。すごいですねぇ・・続けて行くってことはとても大変なことだと・・うう〜ん・・言葉にできないなぁ。


                  今年は『開運』さんが大変な年になっているそうです(笑)。

                   


                  全国新酒鑑評会で、静岡酵母単体での出品で初の金賞を受賞したそうです。数年前から静岡酵母単体での受賞を目指していたそうで、今回の受賞はまさに蔵元の悲願だったようです。

                   


                  そのほかにもワイン品評会としては世界最大級の『IWC(インターナショナル・ワイン・チャレンジ・・と言うそうです)で吟醸分の世界一(すごい!!)に輝いたそうです。



                  そして・そして(まだあるんです)の純米大吟醸の部で見事一位に輝きました。次から次へと・・今年の『開運』は何かが憑りつくいているのではないかと(大爆笑)思われるくらいに『すごい』の連発なのです。



                  会の挨拶の中で『会長』が『たゆまず・・ひたすら追い求めて・・・・』と言うお話をされていましたが、まさしく、ひたすら追い求めてきた結果が花開いたのだと思います。



                  さて、その『開運』の素晴らしいお酒の数々を頂きながら、上質のジャズを聴き楽しい時間を過ごせる『ジャズを聴きながら開運を楽しむ会』・・今回も文句なしの素晴らしい会でした。


                  お酒は。
                   ヽ運大吟醸 金賞受賞酒 乾杯のお酒ワイングラスにて

                  ◆ヽ運 遠州の四季 生酒

                   開運 特別純米酒 涼涼

                  ぁヽ運 無濾過純米

                  ァヽ運 初蔵純米 中汲み生原酒

                  Αヽ運 赤磐雄町 純米吟醸 無濾過生原酒

                  Аヽ運 遠州の四季 本醸造 お燗にて



                  の以上七銘柄でした。七番の遠州の四季のお燗はどのタイミングで頼んでもいいですよ・・と言われたので(笑)その気になって最初から燗酒を頼んでしまい・・正直、途中のお酒がうまく評価できなくなってしまいました(大笑い)。



                  まぁ、いちいち利き酒をしなくたって『開運』さんだし間違いなどあるはずもなく・さらには『かたやま』さんが『昨年まで秋に開いていたこの会ですが、今回は6月を選んで、いつもの秋とは違う開運のお酒を楽しんでください』と言ったように『秋の会』では飲めないような開運をピックアップしてくれていますし・・『私』ごときは・・ひらすら楽しんで頂いていればいいんじゃないかと思いまして…じゃんじゃん飲んじゃいました(笑)。



                  『私』の個人的な好みで言うと二番の『遠州の四季の生酒』は『大吟醸』の後に飲んだせいもあるでしょうが強いインパクトを感じ、思わず『旨いなぁ』と口に出していました。


                  生酒や無濾過が好きなせいもあるでしょうが『無濾過純米』にはほれ込んでしまいました。今まで『貴田乃瀬』で『開運』と言えば『純米の呑み切り一番』がていばんでしたが、この『無濾過純米』もラインナップに上げることにしました。



                  素晴らしいお酒の数々・・飲みすぎてしまって(大笑い)昨晩は早めに引き上げ(笑)なんと12時間以上も爆睡・・さすがに腰が痛くて何度も起きましたがそのたびにカウンターに降りてきてしばらくカウンタんーにうつっぷして腰の痛みを取り、また寝ました。



                  よく寝ました(笑)。



                  2次会もまたいつものメンバーと一緒になり・・本当に楽しい時間でした。単純に二次会のメンバーと一緒に飲み会を開きたいと思ったくらいです(爆笑)。楽しいなぁ。


                  で・・『一(いち)』さんの当日のお料理。

                  0

                    さて・・当日の『一(いち)』さんのお料理。

                     

                     

                    まず『珍味プレート』

                     

                    豆腐・枝豆ポタージュ・ 鴨燻製

                    ホタテ返し漬け・ 煮竹の子・ 甘エビ素干し

                     

                     

                    以上の6点・・豆腐は普通の豆腐でしたが、かなりちゃんとしたところの豆腐に違いありません(笑)。醤油も何もいりませんでした。一口食べたら『すいません・・どこの豆腐ですか??』って聞きたくなりました(笑)。

                     

                     

                    ホタテの返し漬け・・これは・やられた感がありました(笑)そうかぁ・・ホタテを蕎麦つゆの返しに漬け込んだだけでこんなに面白くなるのか!!・・勉強になりました。

                     

                    で・・次は『山芋素麺』

                     

                     

                    『一(いち)』さんの酒の会で以前も頂いたことがあるような気がしますが・・何度頂いてもこれは美味しいですねぇ。芋素麺だけなら『私』だってできますが(笑)麺つゆがね(笑)。

                     

                     

                    こればっかりは・・本職の方にはかなわないなぁ・・シンプルな『山芋素麺』がいきなり『一(一)』さんの一品になっちゃうんだものなぁ(笑)。

                     

                    『蕎麦の実柚子釜』蕎麦の実が蒸してあるのか??軽い味付けで何とも言えないおつまみに大変身!!・・これ好きでした(笑)。

                     

                     

                    『鴨焼き』・・定番ですねぇ・・しかし美味しいです(笑)自分でお気に入りの蕎麦屋さんに行った時には、ほぼ必ず注文する一品です(笑)。いやぁ・・美味しいなぁ。酒にもぴったり・・いつもこれを頼むと飲みすぎちゃうんですよ(笑)。

                     

                     

                    『蒸し海老真丈』・・正直に言うと・・・・・もっと食べたかったです。あの大きさでは物足りません・・だって一口サイズじゃないですか!!次回にも出して頂きたい(私だけ特別に山盛りでお願いします)。

                     

                     

                    『山菜天婦羅』まぁ・・当たり前と言えば当たり前(笑)これを蕎麦の手前に持ってくるんじゃなくって、蕎麦と一緒に出してほしかった・・絶対にその方が両方ともおいしさが倍増したと思うのですが。

                     

                     

                    最後に『蕎麦』なぜか・・・なぜか『一(いち)』さんの顔が浮かんでくるのです。カチッとした蕎麦なのですね。個人的に言わせて頂くと(笑)少しだけ『隙』のあるようなそばが好きですが(爆笑)日曜日の夕方ぐらいまでお店を開いてくれれば『毎週』のように通い詰めてもいいと思うくらい美味しゅうございました(笑)。

                     

                     

                    一度早起きをして日曜日にお邪魔しますね(笑)。

                     

                     

                    どの一品も『恵那山』を引き立てていて・・調子に乗って飲みすぎてしまいました。

                    いつも一緒になる方々と二次会に行ったのですが(笑)・・正直酔っぱらっていました。みんな・・・『ええっ・・おやかたまったく酔ってるように見えなかったなぁ・・』って言ってくれましたが・・かなり酔ってました。言わなくてもいいことをたくさん言ったような気がします(爆笑)。反省しなくてはいけません!!。

                     

                     

                    今回も実に楽しい会でした!!・・来月はジャズを聴きながら・・の会が待っている訳で(笑)これまた楽しみにしています。

                    『かたやま』さん『一(いち)』の親方。いつもありがとうございます。


                    お久しぶりでございます(笑)小さな酒の会の話しを。

                    0

                      今月こそはしっかりと書き込みをして意向だなんて・・偉そうな書き込みをしましたが(笑)このザマでございます(笑)。

                       

                       

                      しかし、今は仕方のない事ともうあきらめておりますです。可愛い『愛猫』のミミちゃんの介護のために、おかみさんは通しで4時間以上通して寝ていません。寝て起きて食事を注射器で与えて・・この繰り返しです(笑)。

                       

                      いや・・おかみさんの事は分かった・・しかし、親方は何をしているんだ(大笑い)って言われるのですが『私』には『私』の役割分担がありまして(笑)それなりに忙しくしているのです。本当に・・時間がないんです(笑)。

                       

                       

                      てなことを書き込んでお茶を濁すのです(笑)。さて、先日『小布施ワイナリー』で作っている『ドーメーヌ・ソガ』と言う日本酒の酵母違い6種類の(正確には後二本あるのですが、今回は最初の酵母違い6本に合わせて料理を作りました)酒の会を開きました。

                       

                       

                      『開ました』と言っても『私(貴田乃瀬)』が主催したわけではありません。常連のお客様のお友達(友達の友達はみなお客様・笑)がこの『ドメーヌ・ソガ』の酵母違い6種類を持っているので、ぜひ貴田乃瀬で酒の会を開きたいと・・ついては料理を合わせて頂きたい(爆笑)と言う、非常に『難しい』ご注文を頂いての酒の会なのです。

                       

                       

                      『私』的にはこの『ドメーヌ・ソガ』を何種類か飲んだことがありますし・・そうは言っても2015年(今回は2015年で揃っています)の物ではなく、もう少し前の物だったので『年を重ねるごとに美味い酒が出来上がっている!!』と言う『ドメーヌ・ソガ』が自分の覚えている味なのかどうかはちょっと不安がありましたが・・(秘かに・・本当に内緒で・・6番目のソガを手に入れることが出来たので・・予習と復習をしておきました・笑)。

                       

                       

                      1番から6番まで・・旧の協会1号酵母から6号酵母まで・・『戦前酵母』と呼ばれている酵母です(ちなみに、当日参加されたお客様が・・おやかた6号酵母は戦前の物じゃないよ・・戦後だよ・・・って言われましたが、戦後酵母は601酵母ではないかと思って・・6号酵母は戦前酵母だと思っていたのですが・・また調べてみます。

                       

                       

                      酵母の違いで味わいも随分と変わるものだと・・勉強になりましたねぇ。確かお米は地元でとれる『美山錦』だったと思います。6本すべてが酵母が違うだけで後の造りは同じ・・だと思うのですが・・味わいがそれぞれで・・いやぁ・・勉強になりました。こういった機会があればまた(笑)お願いしたいものです。

                       

                       

                      合わせた料理の評判も結構(私的には)よかったと思います。当日参加されたお客様・・いかがだったでしょうか(笑)。カウンターだけの小さな酒の会。こんなこともできるんだと(笑)少し威張っちゃいました(笑)。

                       

                       

                      お客様のご要望があれば・・お家でストックされている秘蔵の日本酒で『酒の会』を開きます。ただし7名様しかカウンターに座れないので(笑)人数に制限がありますけど。いかがですか??。


                      infomation
                      旬肴地酒 貴田乃瀬
                      静岡県浜松市田町231-1
                      電話:053-455-2832
                      定休日:日曜と月〜木の祝日

                      calendar
                      1234567
                      891011121314
                      15161718192021
                      22232425262728
                      293031    
                      << July 2018 >>
                      selected entries
                      categories
                      archives
                      recent comment
                      links


                      雑誌にご紹介いただきました。

                      『一個人』2008年11月号
                      一個人

                      『一個人』2009年10月号増刊

                      太田和彦さんに取材していただきました。

                      『居酒屋味酒覧 第2版 精選173』
                      居酒屋味酒覧 第2版 精選173

                      『居酒屋味酒覧 精選172』
                      太田和彦の居酒屋味酒覧 精選172

                      『東海道 居酒屋膝栗毛』
                      東海道 居酒屋膝栗毛

                      『居酒屋紀行5南日本篇』
                      ニッポン居酒屋紀行5南日本篇

                      『日本百名居酒屋第四巻』

                      百世瑛衣乎さんに取材していただきました。

                      『ブログ成功バイブル』
                      超カンタン! 最強メディア ブログ成功バイブル

                      居酒屋百名山
                      profile
                      search this site.
                      others
                      mobile
                      qrcode
                      powered
                      無料ブログ作成サービス JUGEM